株式―分類―規模別―小型株 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

株式―分類―規模別―小型株



小型株とは

小型株の定義・意味・意義

小型株とは、株式を、その時価総額(=株価×発行済株式数)と流動性を基準に区分した銘柄群の一つである。

東京証券取引所では、東証第一部銘柄のうち、時価総額と流動性が高い上位100銘柄を大型株、そして、大型株の次に、時価総額と流動性が高い上位400銘柄を中型株と定義している。

そして、大型株中型株に含まれない残りの全銘柄を小型株としている。

小型株で、東証一部の時価総額の約10パーセントをカバーしているといわれている。

小型株の位置づけ・体系

株式は、その時価総額と流動性を基準に次の3つの種類に分類されている。

小型株の特色・特徴・特性

小型株は発行済株式数が少ないため、値動きが大きくなる(株価が乱高下する場合がある)。



| 現在のカテゴリ:資産運用―株式投資 |

現在のカテゴリ:資産運用―株式投資

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資産運用―株式投資」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 株式とは
  2. 株式―株価変動要因
  3. 株式―分類―規模別―大型株
  4. 株式―分類―規模別―中型株
  5. 株式―分類―規模別―小型株
  6. 株式―分類―株価別―値がさ株
  7. 株式―分類―株価別―中位株
  8. 株式―分類―株価別―低位株
  9. 株式―分析方法―ファンダメンタルズ分析
  10. 株式―分析方法―テクニカル分析
  11. 株式―投資法―割安株投資(バリュー投資 バリュー株投資)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資産運用―株式投資 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産運用―株式投資」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー