株式―分類―株価別―低位株 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

株式―分類―株価別―低位株



低位株とは

低位株の定義・意味・意義

低位株とは、株式を、株価水準によって区分した銘柄群の一つで、株価水準が低い(株価が安い)銘柄のことをいう。

しかし、いくら以下なら低位株となるのか、その明確な基準はない。

ただし、実際には、500円以下の株式を低位株と呼んでいる場合が多いようである。

また、特に株価が100円以下の銘柄は、特に「ぼろ株ボロ株)」「超低位株」などと呼ばれる。

低位株の位置づけ・体系

株式は、その株価水準によって、分類することもできる。

低位株もその分類によるもので、次のように分類される。

低位株の具体例

繊維・鉄鋼・造船・化学などの成熟業種の成長性の低い銘柄や、業績不振の企業の銘柄などに低位株が多い。

低位株の特色・特徴・特性

低位株は発行済株式数が多い。

また、株価の変動率が大きい。

低位株のメリットとデメリット

低位株のメリット・長所・利点・有利な点

低位株は株価が安いので、低予算で購入できる。

また、株価の変動率が大きいため、短期間で株価が高騰する可能性がある。

しかも、逆に株価が下がったとしてもその値下り幅は限られている。

低位株のデメリット・短所・弱点・不利な点

株価が100円以下の「ぼろ株(ボロ株)」「超低位株」には、株価が安いそれなりの理由があることが多いので、注意を要する。

低位株の利用・活用方法や使い分け・使い方のポイント

株価水準が比較的低い低位株ないしは中位株であって、かつ、規模が比較的大きい大型株ないしは中型株であれば、低予算で買え、また、大幅な価格変動が少ないので、初心者には買いやすい銘柄群といえる。

株価による分類
規模等による分類 値がさ株 中位株 低位株
大型株 買いやすい 買いやすい
中型株 買いやすい 買いやすい
小型株



| 現在のカテゴリ:資産運用―株式投資 |

現在のカテゴリ:資産運用―株式投資

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資産運用―株式投資」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 株式とは
  2. 株式―株価変動要因
  3. 株式―分類―規模別―大型株
  4. 株式―分類―規模別―中型株
  5. 株式―分類―規模別―小型株
  6. 株式―分類―株価別―値がさ株
  7. 株式―分類―株価別―中位株
  8. 株式―分類―株価別―低位株
  9. 株式―分析方法―ファンダメンタルズ分析
  10. 株式―分析方法―テクニカル分析
  11. 株式―投資法―割安株投資(バリュー投資 バリュー株投資)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資産運用―株式投資 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産運用―株式投資」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー