投資信託―仕組み - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


投資信託―仕組み


投資信託の仕組み(しくみ)―投資家と投信関係会社

はじめに

投資信託とは、投資信託の販売会社投資家から資を集め、これを受託銀行が保管・管理し、運用会社がこの保管されている資産株式、債権、不動産などに投資し、その運用成果を投資家に分配する金融商品をいう。

つまり、投資信託では、投信の販売、投資家から集めた資の保管・管理、そしてその運用は、それぞれ専門の3つの会社が役割分担をして行っていることになる。

このように、投資信託は、投資家(受益者)と、投資信託の販売会社投資家の資産の管理・保管会社(受託者)、投資信託の運用会社の4者によって構成されている。

1.投信関係会社投資信託の販売会社―証券会社銀行など

投資家が投資信託を購入する窓口となるのが、販売会社である。

投資信託の販売会社の詳細については、次のページを参照。

投資信託―仕組み―投資信託の販売会社

2.投信関係会社投資信託の保管・管理会社受託銀行

投資家が販売会社に預けた資受託銀行(通常は、信託銀行)において、管理・保管される。

資産を受託しているので、投資信託では、受託銀行は「受託者」とも呼ばれる。

詳細については、次のページを参照。

投資信託―仕組み―投資信託の管理・保管会社―受託銀行(信託銀行)

3.投信関係会社投資信託の運用会社投資信託委託会社

信託銀行に管理・保管されている資産の運用を指図するのが、投資信託委託会社である。

つまり、投資信託の運用を行う会社である。

詳細については、次のページを参照。

投資信託―仕組み―投資信託の運用会社―投資信託委託会社



| 現在のカテゴリ:投資信託―仕組み |

現在のカテゴリ:投資信託―仕組み

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「投資信託―仕組み」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 投資信託―仕組み
  2. 投資信託―仕組み―投資信託の投資家
  3. 投資信託―仕組み―投信関係会社―投資信託の販売会社
  4. 投資信託―仕組み―投信関係会社―投資信託の販売会社―選び方
  5. 投資信託―仕組み―投信関係会社―投資信託の保管・管理会社―受託銀行(信託銀行)
  6. 投資信託―仕組み―投信関係会社―投資信託の運用会社―投資信託委託会社



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:投資信託―仕組み の位置づけ

現在のカテゴリ:「投資信託―仕組み」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー