投資信託―仕組み―投信関係会社―投資信託の運用会社―投資信託委託会社 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

投資信託―仕組み―投信関係会社―投資信託の運用会社―投資信託委託会社



投資信託委託会社とは 【investment trust management company

投資信託委託会社の定義・意味・意義

投資信託委託会社とは、投資信託の販売会社投資家から資を集めて、信託銀行に管理・保管されている資産の運用を指図して、投信の運用を行う会社である。

投資信託委託会社の別名・別称

投資信託委託会社は、一般的には、投資信託会社投信会社投資会社なとども呼ばれることがある。

また、投資家から預かった資産を受託する信託銀行が「受託者」と呼ばれることに対して、投資信託委託会社は投資家から資産の運用を委託されていることから「委託者」ないしは「委託会社」と呼ばれることもある。

投資信託の販売会社の位置づけ・体系

投資信託では、投信の販売、集めた資の保管・管理、そしてその運用は、それぞれ専門の会社が役割分担をして行っている。

その一翼を担っているのが、投資信託委託会社である。

  1. 投信の販売 → 投資信託の販売会社
  2. 集めた資の保管・管理 → 信託銀行
  3. の運用 → 投資信託委託会社(運用会社

投資信託委託会社の信託報酬(運用手数料)の注意点・ポイント

投資信託の管理・運用手数料として信託報酬が毎年かかる。

この信託報酬も、投資信託の販売会社販売手数料と同様、投信によって異なる。

しかし、販売手数料の場合とは異なり、同じ投信であれば、どこの販売会社で購入してもその額は同じである。

詳細については、次のページを参照。

投資信託―手続き―保有・運用―コスト―信託報酬(管理・運用手数料)



| 現在のカテゴリ:投資信託―仕組み |

現在のカテゴリ:投資信託―仕組み

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「投資信託―仕組み」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 投資信託―仕組み
  2. 投資信託―仕組み―投資信託の投資家
  3. 投資信託―仕組み―投信関係会社―投資信託の販売会社
  4. 投資信託―仕組み―投信関係会社―投資信託の販売会社―選び方
  5. 投資信託―仕組み―投信関係会社―投資信託の保管・管理会社―受託銀行(信託銀行)
  6. 投資信託―仕組み―投信関係会社―投資信託の運用会社―投資信託委託会社



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:投資信託―仕組み の位置づけ

現在のカテゴリ:「投資信託―仕組み」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー