経済主体―経済活動―生産―投資 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

経済主体―経済活動―生産―投資



投資とは 【investment

投資の定義・意味など

投資(とうし)とは、一般には利益を得る目的でお金事業・住宅または有価証券株式債券)に投下することをいう。

投資の分類・種類

投資は、次の2つの種類がある。

  1. お金事業・住宅に投下すること
  2. お金有価証券株式債券)に投下すること

実体経済上では(経済学的には)、お金事業等に投下すること(=一定期間における生産者の実物資本の増加分)を投資といい、マネー経済上では、マネー貨幣資本)を有価証券化することをいう。
したがって、経済学的には株式の売買は投資ではなく、資産運用(狭義)ということになる。

なお、お金事業に投下するにあたっては、融資負債)と出資資本)という2つの方法がある。

実体経済上の投資

国民経済計算では、投資(=総資本形成)は次のような項目で構成されている(概略)。

  1. 総固定資本形成
    1. 民間
      1. 住宅(→住宅投資
      2. 企業設備(→設備投資
    2. 公的
  2. 在庫品増加
    1. 民間(→在庫投資
      1. 製品在庫
      2. 仕掛品在庫
      3. 原材料在庫
      4. 流通在庫
    2. 公的

内閣府「国民経済計算」のフロー編「主要系列表」を参考にして作成

投資の統計

国民経済計算
総資本形成

内閣府の国民経済計算では、投資に相当する概念として総資本形成という用語が用いられている。



| 現在のカテゴリ:経済主体 |

現在のカテゴリ:経済主体

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「経済主体」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 経済主体
  2. 経済主体―経済活動―生産―投資
  3. 経済主体―経済活動―生産―投資―住宅投資
  4. 経済主体―経済活動―生産―投資―設備投資
  5. 経済主体―経済活動―生産―投資―在庫投資



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:経済主体 の位置づけ

現在のカテゴリ:「経済主体」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー