不動産投資 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

不動産投資



不動産投資とは

不動産投資の定義・意味・意義

不動産投資とは、不動産を投資対象とした投資である。

不動産投資も、株式投資などと同じく、投資対象の不動産を賃貸することで定期的に得られる賃料というインカムゲインと、不動産を売却することで得られるキャピタルゲインとがある。

不動産投資の特色・特徴・特性

不動産投資は高額で、また不動産特有のリスクもあり、一般の投資家が不動産市場に参加することは困難である。

不動産投資のデメリット・短所・弱点・不利な点

不動産投資の位置づけ・体系

不動産も、これを賃貸すれば、そこから賃料が発生し、また、これをその取得額以上で売却できれば売却益が得られるので、株式債券と同じ金融商品である。

不動産投資の動向・傾向・流れ

不動産投資信託REIT リート

不動産を少額証券化したREITリート)が登場したことにより、一般の個人投資家が不動産を手軽に投資対象とすることが可能となった。

つまり、少額の資しかなくてもポートフォリオに不動産資産を組み込み、かつては富豪層しかできなかった資産三分法を実行することが可能となった。

2000年(平成12年)には日本にもREITが導入され、日本版不動産投資信託ということで、J-REITと呼ばれている。



| 現在のカテゴリ:資産運用―不動産投資 |

現在のカテゴリ:資産運用―不動産投資

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資産運用―不動産投資」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 不動産投資
  2. 不動産投資のデメリット


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資産運用―不動産投資 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産運用―不動産投資」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー