平均賃金 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


平均賃金


(" 賃金―平均賃金 "から複製)

平均賃金とは

平均賃金の定義・意味など

平均賃金(へいきんちんぎん)とは、これを算定すべき事由の発生した日以前3カ月(通常は直前の賃金締切日以前3カ月)に支払われた賃金の総額をその期間の総日数で割った額をいう。

労働基準法
第十二条  この法律で平均賃金とは、これを算定すべき事由の発生した日以前三箇月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した額をいう。

算定すべき事由の発生した日
  • 解雇予告手当…労働者に解雇の予告をした日
  • 休業手当…休業日
  • 年次有給休暇手当…年休日(年次有給休暇を取得した日)
  • 災害補償…事故の起きた日または病気になった日(診断によって疾病の発生が確定した日)
  • 減給の制裁の制限…制裁の意思表示が相手方に到達した日

平均賃金の目的・役割・意義・機能・作用など

平均賃金は、労働基準法が定める次のような手当や災害補償等の算定の基準になる。

  1. 解雇予告手当(労働基準法20条1項)
  2. 休業手当(同法26条)
  3. 年次有給休暇手当(同法39条)
  4. 災害補償(同法76条等)
  5. 減給の制裁の制限(同法91条)

平均賃金の範囲

平均賃金を算定するための「賃金の総額」には、原則として、労働基準法第11条に規定するすべての賃金(各種の手当など)が含まれる。

臨時に支払われた賃金賞与

平均賃金を算定するための「賃金の総額」には、臨時に支払われた賃金賞与は含まれない。

労働基準法
第十二条  …
 第一項の賃金の総額には、臨時に支払われた賃金及び三箇月を超える期間ごとに支払われる賃金並びに通貨以外のもので支払われた賃金で一定の範囲に属しないものは算入しない。



| 現在のカテゴリ:人事労務―賃金 |

現在のカテゴリ:人事労務―賃金

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「人事労務―賃金」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 平均賃金



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:人事労務―賃金 の位置づけ

現在のカテゴリ:「人事労務―賃金」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー