[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


原価の構成要素―原価要素


原価要素とは

原価要素の定義・意味

原価要素とは、原価を構成する要素というくらいの意味である。

ところで、工業簿記における原価には次の2つの種類がある。

  1. 製造原価
  2. 総原価

このうち製造原価とは、製品を製造するために要した費用をいい、総原価とは、製造原価販売費及び一般管理費を加えた費用をいう。

したがって、原価要素とは、製造原価要素と販売費及び一般管理費要素とに大別されることになる。

※製造原価要素といっても、ほぼ製造原価と同義。

原価計算基準

原価要素は、製造原価要素と販売費および一般管理費の要素に分類する。

原価要素の分類・種類

前述のとおり、原価要素は製造原価要素と販売費及び一般管理費要素とに大別される。

  1. 製造原価要素
  2. 販売費及び一般管理費要素

製造原価要素の分類・種類
1.形態別分類

形態別分類とは、製造原価要素がどのような原価要素を消費することで発生したかという観点による分類をいう。

形態別分類では、製造原価要素は次の3種類に分類される。

  1. 材料費
  2. 労務費
  3. 経費(工業簿記)

なお、材料費労務費経費(工業簿記)のことを、原価の3要素という。

2.製品との関連における分類

製品との関連における分類とは、特定の製品原価として直接認識できるか否かによって分類することをいう。

この分類方法では、製造原価要素は次の2種類に分類される。

  1. 直接費
  2. 間接費

3.操業度との関連における分類

操業度との関連における分類とは、操業度の増減により原価がどのように変動したかという観点による分類をいう。

この分類方法では、製造原価要素は次の2種類に分類される。

  1. 変動費…操業度の増減に応じて比例的に変動する原価(操業度がゼロの場合には発生しない)
  2. 固定費…操業度の増減に無関係に常に一定額が発生する原価



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 13 ページ]

  1. 原価
  2. 原価の構成要素―原価要素
  3. 原価の分類・種類―製造原価
  4. 製造原価の形態別分類―材料費(原材料費)
  5. 製造原価の形態別分類―労務費
  6. 製造原価の形態別分類―労務費―賃金
  7. 製造原価の形態別分類―経費(工業簿記)
  8. 製造原価の形態別分類―経費―外注加工費
  9. 製造原価の製品との関連における分類―製造直接費
  10. 製造原価の製品との関連における分類―製造間接費
  11. 原価の分類・種類―総原価
  12. 原価の分類・種類―標準原価
  13. 原価の分類・種類―実際原価

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー