[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


製造原価の形態別分類―労務費


労務費とは

労務費の定義・意味

労務費とは、製造のために消費される費用である製造費用のうち、労働力の消費によって発生する原価をいう。

労務費の位置づけ

製造のために消費される費用である製造費用の一つ。

製造費用には、他に材料費経費(工業簿記)があるが、これらは一定の原価計算を通じて製造原価となる。

なお、製造費用の内訳である材料費、労務費、経費(工業簿記)は、原価要素とも呼ばれている。

労務費の分類・種類

労務費の分類には、次の2種類がある。

  1. 形態別分類
  2. 製品との関連における分類

1.形態別分類

形態別分類とは、科目ごとに分類することをいう。

労務費となる科目としては、具体的には、次のようなものがある。

2.製品との関連における分類

製品との関連における分類とは、特定の製品原価として直接認識できるか否かによって分類することをいう。

原価計算上、労務費は、次の2つに分類される。

  1. 直接労務費
  2. 間接労務費

直接労務費

直接労務費とは、特定の製品原価として直接認識できる労務費をいう。

例えば、特定の製品を組み立てる工員の工賃などである。

間接労務費

間接労務費とは、特定の製品原価として直接認識できない労務費をいう。

例えば、複数製品の検査に関わる検査工の給与などである。



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 13 ページ]

  1. 原価
  2. 原価の構成要素―原価要素
  3. 原価の分類・種類―製造原価
  4. 製造原価の形態別分類―材料費(原材料費)
  5. 製造原価の形態別分類―労務費
  6. 製造原価の形態別分類―労務費―賃金
  7. 製造原価の形態別分類―経費(工業簿記)
  8. 製造原価の形態別分類―経費―外注加工費
  9. 製造原価の製品との関連における分類―製造直接費
  10. 製造原価の製品との関連における分類―製造間接費
  11. 原価の分類・種類―総原価
  12. 原価の分類・種類―標準原価
  13. 原価の分類・種類―実際原価

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー