国民経済計算 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

国民経済計算



国民経済計算とは 【National Accounts

国民経済計算の定義・意味・意義

国民経済計算とは、1国の経済の全体像を体系的に記録するための経済統計をいう。

ただし、狭義では、国民所得勘定(後述)のみを指す。

国民経済計算の基準

国民経済計算体系SNA

国際連合が各国の経済を国際比較できるように国民経済計算の統一した基準=国民経済計算体系(System of National Accounts を略してSNAともいう)を定めている。

各国はこの基準に基づいて国民経済計算を作成する。

国民経済計算の趣旨・目的・役割・機能

会計原則

国民経済計算は、1国の経済会計原則であり、企業財務諸表作成における企業会計原則に相当するものである。

国民経済計算年報は、日本経済をマクロでみるためにもっとも適したテキストといえる。

国民経済計算の構成・体系・内容

1968年(昭和43年)の国際連合において採択された68SNA以降、国民経済計算は次の5つの勘定から構成される。

  1. フロー
    1. 国民所得勘定
    2. 産業連関表
    3. 資金循環勘定
    4. 国際収支表
  2. ストック
    1. 国民貸借対照表

このうち、たとえば、国民所得勘定国民貸借対照表については、内閣府ホームページの「国民経済計算確報」(http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/kakuhou/kakuhou_top.html)で最新年度の情報が公開されている。

国民経済計算の性格・性質

二次統計(加工統計)

国民経済計算は典型的な二次統計である。



| 現在のカテゴリ:基礎・基本 |

現在のカテゴリ:基礎・基本

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基礎・基本」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 国民経済計算
  2. 国民経済計算―基準―国民経済計算体系(SNA)
  3. 国民経済計算―基準―国民経済計算体系(SNA)―68SNA
  4. 国民経済計算―用語―統合勘定



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:基礎・基本 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基礎・基本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー