直接控除注記法 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


直接控除注記法


(" 貸借対照表―資産―表示方法―直接控除注記法 "から複製)

直接控除注記法とは

直接控除注記法の定義・意味・意義

直接控除注記法とは、評価勘定貸借対照表の表示方法の一つとして、評価勘定の額を直接控除したあとの本来の勘定科目の額(帳簿価額)のみを貸借対照表に記載し、評価勘定とその控除額については、欄外に注記するかたちで表示する方法をいう。

ただし、この場合、一括して注記することは認められず、それぞれの勘定科目ごとに区別して注記しなければならない。

直接控除注記法の位置づけ

直接控除注記法は、減価償却費減価償却累計額貸倒引当金など、本来の勘定のマイナスの性質を有する評価勘定貸借対照表に表示する方法の一つである。

この表示方法には、直接控除注記法も含め、次の3つの種類があるが、科目別間接控除法が原則である。

  1. 科目別間接控除法
  2. 一括間接控除法
  3. 直接控除注記法



| 現在のカテゴリ:た行ーわ行 |

現在のカテゴリ:た行ーわ行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 20 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「た行ーわ行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 対照勘定法
  2. 棚卸計算法
  3. 単純平均法
  4. 直接控除注記法
  5. 直接法(直接控除法)
  6. 定額法(減価償却の方法のひとつとしての)
  7. 定額法(償却原価法の計算方法のひとつとしての)
  8. 低価法(低価主義)
  9. 定率法
  10. 手許商品区分法
  11. 当日補給(即日補給)
  12. 二勘定制
  13. 売価還元法
  14. 評価勘定法
  15. 費用法
  16. 分記法
  17. 平均原価法
  18. 翌日補給
  19. リース期間定額法
  20. 利息法



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:た行ーわ行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「た行ーわ行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー