勘定科目―分類①―特別なグループ―評価勘定 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



勘定科目―分類①―特別なグループ―評価勘定

評価勘定とは 【valuation account

評価勘定の定義・意味など

評価勘定(ひょうかかんじょう)とは、本来の勘定の代わりに使用されるもので、そのマイナスの性質を有するものとして、その反対の貸借に記帳される勘定をいう。

参考:『日商簿記3級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、140頁・263項。

評価勘定の具体例

評価勘定には次のようなものがある。

評価勘定の目的・役割・意義・機能・作用など

たとえば、期末売掛金に対して貸倒見積額(債権の期末残高のうち次期以降貸倒れになることが予想される額)を計上する場合は、本来の資産勘定である売掛金勘定を減少させる代わりにその評価勘定である貸倒引当金勘定貸方に記帳する(→貸倒引当金の設定)。

これは、期末時点では売掛金は現実にはまだ貸し倒れていないため、売掛金自体を減少することできないからである。

参考:『日商簿記3級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、263項。

評価勘定の位置づけ・体系(上位概念等)

勘定科目の特別なグループ

勘定科目は、その性質により、資産負債資本費用収益の5つのグループに大別される。

ただし、このグループに単純には分類できない、次のような特別な勘定科目のグループもある。



| 現在のカテゴリ:簿記―仕訳―勘定科目 |

現在のカテゴリ:簿記―仕訳―勘定科目

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 15 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳―勘定科目」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 勘定科目(勘定・科目)
  2. 勘定科目―分類①―特別なグループ―評価勘定
  3. 勘定科目―分類①―特別なグループ―対照勘定
  4. 勘定科目―分類①―特別なグループ―備忘勘定
  5. 勘定科目―分類①―特別なグループ―混合勘定
  6. 勘定科目―分類①―特別なグループ―仮勘定
  7. 勘定科目―分類①―特別なグループ―未決算勘定
  8. 勘定科目―分類①―特別なグループ―決算勘定
  9. 勘定科目―分類②―人名勘定(債権債務勘定)
  10. 勘定科目―分類②―非人名勘定―実在勘定(実体勘定)
  11. 勘定科目―分類②―非人名勘定―名目勘定
  12. 勘定科目―分類②―商品勘定
  13. 勘定科目―分類②―資本主勘定
  14. 勘定科目―注意点・ポイント
  15. 勘定科目―補助科目


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:簿記―仕訳―勘定科目 の位置づけ

現在のカテゴリ:「簿記―仕訳―勘定科目」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー