リスクの指標―価格リスク―ボラティリティ(価格変動率・標準偏差) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


リスクの指標―価格リスク―ボラティリティ(価格変動率・標準偏差)


ボラティリティとは 【volatility

ボラティリティの定義・意味など

ボラティリティとは、株式投資信託などの金融商品価格の変動を表す指標をいう。

英語で volatility には、揮発性、変化のしやすさ、うつろいやすさ、という意味がある。

ボラティリティの別名・別称・通称など

価格変動率・標準偏差

ボラティリティは価格変動率ともいう。

また、標準偏差で示されることが多いので、標準偏差とも呼ばれている。

ボラティリティの計算方法

ボラティリティは、次の計算式・公式で算定・算出する。

ボラティリティ=分散の平方根

そして、上記計算式中の分散は、次の算式で算定・算出する。

分散=((データ-平均値)の2乗)の総和÷個数

ボラティリティの目的・役割・意義・機能・作用など

価格リスクの指標

ボラティリティは、具体的には、過去何年間かの実績利回りの平均を出し、その平均値と個々の利回りとの間にどれだけバラツキ・ブレがあったかを表わす数値である。

したがって、資産運用で重要なポイントのひとつがリスク管理であるが、ボラティリティはそのうち価格リスクの大きさを示す指標となる。

なお、過去の運用期間が長いほどボラティリティは正確なものとなる。

また、短期間では、ボラティリティの数値が大きくても、投資期間(運用期間)が長くなる(→長期投資)につれて、小さくなる(つまり、リスクが小さくなって収益が安定してくる)傾向がある。

ボラティリティの見方・読み方・解釈の仕方

ボラティリティの数値が大きいほど、その金融商品リスクが大きいということを意味する。

ボラティリティの基準値・標準値・正常値・適正値(平均・目安)

参考

楽天証券のホームページには、次のような標準偏差の基準値が掲載されていた。

  • ローリスク(標準偏差)0%~12.0%
  • ミドルリスク(標準偏差)12.0%~22.0%
  • ハイリスク(標準偏差)22.0%以上



| 現在のカテゴリ:金融商品―一般 |

現在のカテゴリ:金融商品―一般

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「金融商品―一般」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. リスクの指標―価格リスク―ボラティリティ(価格変動率・標準偏差)
  2. リスクの指標―金利リスク―デュレーション
  3. リスクの指標―信用リスク―格付け
  4. リスクの指標―信用リスク―格付け―具体例―ジャンクボンド
  5. リターンの指標―騰落率
  6. リターンの指標―シャープレシオ



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:金融商品―一般 の位置づけ

現在のカテゴリ:「金融商品―一般」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー