リスクの指標―金利リスク―デュレーション - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


リスクの指標―金利リスク―デュレーション


デュレーションとは 【Duration

デュレーションの定義・意味など

金利が上昇すると債券(および債券投信)の価格は下落する。

金利と債券価格の関係・関連・連携・つながり

このリスク金利リスク(ないしは金利変動リスク)という。

デュレーションとは、金融商品としての債券債券投信金利リスクを表す指標をいう。

デュレーションには、次の2つの意味がある。

金利の変動に対する債券価格の変動の割合

まず、デュレーションには、金利の変化に対して、債券価格がどの程度変化・反応するかの割合を示す、という意味がある。

たとえば、デュレーション2であれば、金利が変動すると、債券債券投信等はその2倍変動する、という意味である。

したがって、この値が大きいほど、金利の変動による債券価格への影響が大きいことになる。

債券の満期までの残存期間

また、デュレーションは、債券の満期までの残存期間を意味する場合がある。

一般的に、短期債権より長期債券のほうが金利変動の影響を強く受ける。

したがって、残存期間が長い、つまりデュレーションが長い債権等ほど、リターンは高くなるが金利リスクも高くなる。

逆に、残存期間が短い、つまりデュレーションが短いとリターンは低くなるが金利リスクも低くなる。

デュレーションの目的・役割・意義・機能・作用など

金利リスクの指標

資産運用で重要なポイントのひとつがリスク管理であるが、デュレーションはそのうち金利リスクの大きさを示す指標となる。

デュレーションの情報

債券型投資信託の場合
交付目論見書

債券型投資信託債券型投信債券投信債券ファンド)では、その投信投信会社交付目論見書でデュレーションを調べることができる。



| 現在のカテゴリ:金融商品―一般 |

現在のカテゴリ:金融商品―一般

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「金融商品―一般」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. リスクの指標―価格リスク―ボラティリティ(価格変動率・標準偏差)
  2. リスクの指標―金利リスク―デュレーション
  3. リスクの指標―信用リスク―格付け
  4. リスクの指標―信用リスク―格付け―具体例―ジャンクボンド
  5. リターンの指標―騰落率
  6. リターンの指標―シャープレシオ



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:金融商品―一般 の位置づけ

現在のカテゴリ:「金融商品―一般」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー