財務諸表(決算書)の種類①―計算書類―会社計算規則 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


財務諸表(決算書)の種類①―計算書類―会社計算規則


計算書類とは

計算書類の定義・意味

会社が作成する決算書については、各種関係法が規定している。

このうち会社法に基づいて、株主総会に提出して、株主に対して一会計年度における産および損益の状況を報告するために作成する決算書計算書類という。

計算書類に関する制度・基準

計算書類の内容、様式については、会社計算規則が規定している。

計算書類の内容・体系

計算書類は、次の書類から成り立つ。

さらに、上記に次の書類を加えたものを「計算書類等」という。



| 現在のカテゴリ:決算書の種類 |

現在のカテゴリ:決算書の種類

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「決算書の種類」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 財務諸表(決算書)の種類①―計算書類―会社計算規則
  2. 財務諸表(決算書)の種類②―金融庁・証券取引所提出用の財務諸表―金融証券取引法・財務諸表等規則
  3. 財務諸表(決算書)の種類③―税務署提出用の財務諸表―法人税法
  4. 財務諸表(決算書)の種類④―決算短信



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:決算書の種類 の位置づけ

現在のカテゴリ:「決算書の種類」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー