市場経済―市場―競争の形態による分類―完全競争市場 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

市場経済―市場―競争の形態による分類―完全競争市場



完全競争市場とは 【perfectly competitive market

完全競争市場の定義・意味・意義

完全競争市場とは、多数の売り手と買い手が存在することで完全な自由競争が行われている市場をいう。

ただし、完全競争市場は理論上の理想的な市場であり、現実には存在しない。

完全競争市場の位置づけ・体系

市場はそこで行われている競争の形態により次のように分類できる。

完全競争市場の特色・特徴

完全競争市場では多数の売り手と買い手が存在することで①誰もその価格を変更する影響力をもたず、需要供給の法則が働くので(↔価格の下方硬直性)、②誰もが市場で決定した価格を目安(シグナル)にして行動する(→価格競争 ↔非価格競争)。

  1. 需要供給の法則が働いている
  2. 価格競争が行われている

なお、完全競争市場においては、需要供給の法則による価格の自動調節機能市場メカニズム市場機構)が働き、資源の最適配分(サービスの適正な配分)が実現される。

完全競争市場の経緯・沿革・歴史など

完全競争市場から不完全競争市場

市場経済は18世紀においては完全競争市場の理想に近づいていた。

しかし、自由競争は19世紀には資本の集積と集中をもたらし、大資本(大企業)を発生させた。

これにより、19世紀後半には自由競争に勝ち残った少数の大資本(大企業)により支配される不完全競争市場独占市場複占市場寡占市場)が成立することになった。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 19 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「経済体制―市場経済(資本主義の前提)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 市場経済
  2. 市場経済―仕組み(しくみ・メカニズム)―価格の自動調節機能(市場メカニズム・市場機構)
  3. 市場経済―仕組み(しくみ・メカニズム)―市場の失敗
  4. 市場経済―仕組み(しくみ・メカニズム)―市場の失敗―価格の下方硬直性
  5. 市場経済―本質―市場
  6. 市場経済―本質―価格
  7. 市場経済―市場―商品による分類―商品市場―商品
  8. 市場経済―市場―競争の形態による分類―完全競争市場
  9. 市場経済―市場―競争の形態による分類―完全競争市場―特徴①―市場価格(均衡価格)
  10. 市場経済―市場―競争の形態による分類―完全競争市場―特徴②―価格競争
  11. 市場経済―市場―競争の形態による分類―不完全競争市場
  12. 市場経済―市場―競争の形態による分類―不完全競争市場―分類―独占市場
  13. 市場経済―市場―競争の形態による分類―不完全競争市場―分類―複占市場
  14. 市場経済―市場―競争の形態による分類―不完全競争市場―分類―寡占市場
  15. 市場経済―市場―競争の形態による分類―不完全競争市場―特徴①―価格の下方硬直性
  16. 市場経済―市場―競争の形態による分類―不完全競争市場―特徴①―価格の下方硬直性―独占価格
  17. 市場経済―市場―競争の形態による分類―不完全競争市場―特徴①―価格の下方硬直性―寡占価格
  18. 市場経済―市場―競争の形態による分類―不完全競争市場―特徴①―価格の下方硬直性―管理価格
  19. 市場経済―市場―競争の形態による分類―不完全競争市場―特徴②―非価格競争



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:経済体制―市場経済(資本主義の前提) の位置づけ

現在のカテゴリ:「経済体制―市場経済(資本主義の前提)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー