租税―課税要件―課税標準 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

租税―課税要件―課税標準



(" 課税標準 "から複製)

課税標準とは

課税標準の定義・意味など

課税標準(かぜいひょうじゅん)とは、課税物件額・価額・数量等で表したもので、率を適用して額を算出するための基礎となる数値をいう。

課税標準の目的・役割・意義・機能・作用など

額の算出

課税物件率をかけて額を算出するには、課税物件額・価額・数量等で表す必要があり、それを課税標準という。

課税標準の具体例

たとえば、所得課税物件所得であり、課税標準は法の定めに従って計算された具体的な所得額となる。

課税標準の分類・種類

法律上の分類・種類

所得の課税標準は、総合課を原則とするが(所得法22①)、担力の考慮や政策的な観点から分離課も設けられている。

所得法上の課税標準

所得法上の課税標準には、総合課である総所得金額と、分離課である山林所得額、退職所得額のあわせて3つがある。

所得税法上の課税標準

租税特別措置法上の課税標準

また、租税特別措置法によって、さらに分離課である次の5つの課税標準が設けられている。

務上の分類・種類

務上実際に用いられる課税標準としては、次の3つの種類がある。

    1. 合計所得金額…繰越控除適用前の課税標準の合計額
    2. 総所得金額…繰越控除適用後の課税標準のひとつ
    3. 総所得金額等…繰越控除適用後の課税標準の合計額



      | 現在のカテゴリ:租税(税金)総論 |

      現在のカテゴリ:租税(税金)総論

      カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 16 ページ(カテゴリページは除く)]

      現在のカテゴリ:「租税(税金)総論」内のコンテンツは以下のとおりです。

      1. 租税(税金・税)
      2. 租税―分類―国税と地方税―国税
      3. 租税―分類―国税と地方税―地方税
      4. 租税―課税要件
      5. 租税―課税要件―課税物件(課税対象・課税客体・課税財産)
      6. 租税―課税要件―課税物件―具体例―所得
      7. 租税―課税要件―納税義務者―居住者
      8. 租税―課税要件―納税義務者―非居住者
      9. 租税―課税要件―課税標準
      10. 租税―還付
      11. 租税―還付―還付金
      12. 租税―還付―還付金―具体例―消費税還付金
      13. 租税―会計処理―方法―充当金取崩し(充当金取崩しによる納付)
      14. 租税―会計処理―方法―仮払経理(仮払経理による納付)
      15. 租税―会計処理―方法―損金経理
      16. 租税―会計処理―税金費用/税金債務



      関連コンテンツ


      現在のカテゴリ:租税(税金)総論 の位置づけ

      現在のカテゴリ:「租税(税金)総論」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

      プライバシーポリシー