租税―分類―国税と地方税―地方税 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

租税―分類―国税と地方税―地方税



(" 租税―分類―国税と地方税―地方税 "から複製)

地方税とは 【local tax

地方税の定義・意味など

地方税(ちほうぜい)とは、地方公共団体が徴収する租税をいう。

参考

地方自治法
(地方税)
第二百二十三条 普通地方公共団体は、法律の定めるところにより、地方税を賦課徴収することができる。

地方税の分類・種類(具体例)

地方税は道府県と市町村とに大別され、それぞれに直接と間接がある。

地方税の位置づけ・体系(上位概念等)

租税

租税はさまざまな観点から分類できる。

そのうち、誰が課・徴収するかという観点からは、租税国税と地方税とに大別され、地方税はさらに道府県民と市町村民とに分かれる。

それぞれに直接と間接がある。

地方税の法的根拠・法律など

地方自治法・地方税法・条例

地方自治法は、「普通地方公共団体は、法律の定めるところにより、地方税を賦課徴収することができる。」(地方自治法第223条)と規定している。
そして、これにもとづき、地方税法では、「地方団体は、この法律の定めるところによつて、地方税を賦課徴収することができる。」(地方税法第2条)と規定する。
しかし、他方、「地方団体は、その地方税の目、課税客体課税標準率その他賦課徴収について定をするには、当該地方団体の条例によらなければならない。」(地方税法第3条)とされている。
つまり、地方税の直接的な根拠は、国税所得法人税など)のように法律(地方税法)ではなく、条例ということになる。



| 現在のカテゴリ:租税(税金)総論 |

現在のカテゴリ:租税(税金)総論

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 16 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「租税(税金)総論」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 租税(税金・税)
  2. 租税―分類―国税と地方税―国税
  3. 租税―分類―国税と地方税―地方税
  4. 租税―課税要件
  5. 租税―課税要件―課税物件(課税対象・課税客体・課税財産)
  6. 租税―課税要件―課税物件―具体例―所得
  7. 租税―課税要件―納税義務者―居住者
  8. 租税―課税要件―納税義務者―非居住者
  9. 租税―課税要件―課税標準
  10. 租税―還付
  11. 租税―還付―還付金
  12. 租税―還付―還付金―具体例―消費税還付金
  13. 租税―会計処理―方法―充当金取崩し(充当金取崩しによる納付)
  14. 租税―会計処理―方法―仮払経理(仮払経理による納付)
  15. 租税―会計処理―方法―損金経理
  16. 租税―会計処理―税金費用/税金債務



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:租税(税金)総論 の位置づけ

現在のカテゴリ:「租税(税金)総論」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー