[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


租税―会計処理―方法―充当金取崩し(充当金取崩しによる納付)


充当金取崩しとは

充当金取崩しの定義・意味・意義

充当金取崩しとは、税金の納付に関する会計経理処理の方法の一つとして、税金一般を処理する租税公課勘定とは区別された法人税等勘定などを使用することを前提に、税金中間申告・納付を行った場合や確定申告時に、これを会計上、未払金(具体的には未払法人税等勘定など)を取り崩して納付する方法をいう。

負債科目である。また、未払法人税等勘定は、法人税法上は納充当と呼ばれている。

法人税の確定申告書(別表五(二))の「充当金取崩しによる納付」の額に相当する。

充当金取崩しの位置づけ・体系

法人税の確定申告では、税金の納付に関する会計経理処理の方法の一つとして、充当金取崩しも含めて、次の3つの方法が想定されている。

  1. 充当金取崩し(充当金取崩しによる納付)
  2. 仮払経理仮払経理による納付
  3. 損金経理損金経理による納付

なお、税金中間申告額を仮払経理の方法で納付した場合であっても、確定申告時には、充当金取崩しによる納付を行うことになる。

取引仕訳の具体例・事例

中間納付時

取引

法人税法人住民税事業税について、中間申告および納付を行った。

仕訳

借方科目 貸方科目
未払法人税等 ×××× 現金預金 ××××

確定申告時

取引

確定申告時に、決算で確定した税金のうち、未払分を納付した。

仕訳

借方科目 貸方科目
未払法人税等 ×××× 現金預金 ××××



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 16 ページ]

  1. 租税(税金・税)
  2. 租税―分類―国税と地方税―国税
  3. 租税―分類―国税と地方税―地方税
  4. 租税―課税要件
  5. 租税―課税要件―課税物件(課税対象・課税客体・課税財産)
  6. 租税―課税要件―課税物件―具体例―所得
  7. 租税―課税要件―納税義務者―居住者
  8. 租税―課税要件―納税義務者―非居住者
  9. 租税―課税要件―課税標準
  10. 租税―還付
  11. 租税―還付―還付金
  12. 租税―還付―還付金―具体例―消費税還付金
  13. 租税―会計処理―方法―充当金取崩し(充当金取崩しによる納付)
  14. 租税―会計処理―方法―仮払経理(仮払経理による納付)
  15. 租税―会計処理―方法―損金経理
  16. 租税―会計処理―税金費用/税金債務

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー