[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): は行―ひ

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



は行―ひ

「は行―ひ」カテゴリのコンテンツ

取引・事例・摘要などから逆引きで会計処理(使用する勘定科目や仕訳など)を調べることができます。「ひ」から始まるものを集めています。


は行―ひ」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 6 ページあります。

  1. 引当金

    (複製)引当金とは、当期に獲得した収益に対応する費用が次期以降に発生すると予想される場合、これを見積り、当期の費用として繰り入れて計上する金額をいう。
  2. 飛行機代

    (複製)出張にかかる航空運賃は旅費交通費勘定(費用)の借方に記帳して費用計上する。
  3. 美術品

    取得価額が10万円または30万円未満の美術品は消耗品費勘定などを用いて費用処理をする。これに対して、取得価額が10万円または30万円以上のものは工具器具備品(または器具備品)勘定などを用いて資産計上し、減価償却をする。ただし、100万円以上のものは、非減価償却資産として減価償却することはできない。
  4. 筆記具(筆記具代)

    筆記具の購入代金は、消耗品費または事務用品費勘定で処理をする(費用法)。
  5. 引越(引越し・引っ越し・事務所移転)

    引越(引越し・引っ越し・事務所移転)の会計・簿記・経理上の取り扱い 会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目等 使用する勘定科目の例 個人事業主または会社が事務所を移転した場合、引越業者に...
  6. 便箋(便箋代)

    便箋代は、消耗品費または事務用品費(事務用消耗品費)勘定で処理をする。



関連コンテンツ



「は行―ひ」の位置づけ

現在のカテゴリ:「は行―ひ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー