[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): さ行―し(しん)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



さ行―し(しん)

「さ行―し(しん)」カテゴリのコンテンツ

取引・事例・摘要などから逆引きで会計処理(使用する勘定科目や仕訳など)を調べることができます。「さ」行の「しん」で始まるものを集めています。


さ行―し(しん)」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. 新株発行

    (複製)新株の発行(しんかぶのはっこう)とは、会社設立後、株主総会や取締役会等の決議により発行可能株式総数のうち未発行株式を発行して資本金を増加することをいう。
  2. 新株式申込証拠金

    (複製)新株式申込証拠金とは、新株の発行(増資)の際、資本金としての効力が発生する払込期日の前日までに株式の申込者から払い込まれた払込金と同額の申込証拠金(手付金)を処理するための資本勘定をいう。
  3. 新株予約権

    (複製)新株予約権とは、新株予約権を処理するための資本勘定をいう。
  4. 人材派遣

    (複製) 人材派遣費とは 人材派遣費の定義・意味・意義 人材派遣費とは、人材派遣会社に支払う派遣社員の派遣費用を管理するための勘定科目をいう。 ただし、派遣されてきた人材に直接報酬を支払うのであれば給与扱いと...
  5. 新聞広告

    新聞広告代は、不特定多数の人を対象とする商品等の販売促進を目的とした広告宣伝の費用として、広告宣伝費勘定(費用)の借方に記帳して費用計上する。
  6. 新聞代

    新聞代は、通常、新聞図書費勘定で処理をする。
  7. 信用保証料(保証料)

    信用保証料を支払ったときは支払利息または支払手数料などの費用勘定の借方に記帳して費用処理をする。ただし、次期以降の費用となるものがある場合、期末に未経過分を資産計上して費用の繰延をする必要がある。



関連コンテンツ



「さ行―し(しん)」の位置づけ

現在のカテゴリ:「さ行―し(しん)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー