[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): や行―よ

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



や行―よ

「や行―よ」カテゴリのコンテンツ

取引・事例・摘要などから逆引きで会計処理(使用する勘定科目や仕訳など)を調べることができます。「よ」から始まるものを集めています。


や行―よ」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. 養老保険

    (複製)養老保険とは、被保険者の死亡または保険金が満了した場合に死亡保険金または満期保険金(生存保険金)が支払われる生命保険をいう。「死亡保障のついた貯蓄商品」であることから、社員の福利厚生や退職金対策のために加入する会社も多く、特に逆養老は会社の節税対策として用いられている。
  2. 預金

    (複製)預金とは、銀行などの預金取扱金融機関(経済学上の用語では「市中銀行」)にお金(現金)を預けること、または預けたお金をいう。
  3. 預金小切手(預手・保証小切手)

    (複製)保証小切手とは、銀行が自己にあてて振り出す小切手をいう。
  4. 預金利息

    (複製)法人の場合、銀行などの預金利息(普通預金・定期預金などの利子・利息)が振り込まれたときや貸付金の利息を受け取ったときは受取利息勘定の貸方に記帳して収益計上する。
  5. 予約金の受取り

    (複製)予約金を受け取ったときは、内金や手付金と同様に前受金勘定の貸方に記帳して負債計上する。
  6. 予約品の引渡し

    (複製)予約販売では、予約品を引き渡したときは、引き渡した金額を売上勘定の貸方に記帳して収益計上するとともに、前受金勘定の借方に記帳してこれを減少させる。
  7. 予約販売

    (複製)予約販売とは、商品の販売前に予約を募り、買主から予約金を受け取り、その後商品を引き渡す商品売買の形態をいう。



関連コンテンツ



「や行―よ」の位置づけ

現在のカテゴリ:「や行―よ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー