[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): は行―へ

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



は行―へ

「は行―へ」カテゴリのコンテンツ

取引・事例・摘要などから逆引きで会計処理(使用する勘定科目や仕訳など)を調べることができます。「へ」から始まるものを集めています。


は行―へ」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 6 ページあります。

  1. (複製)フェンスの設置費用は、原則として構築物などの資産勘定を用いて資産計上をする。
  2. ベルトコンベア(ベルトコンベヤ・コンベア・コンベヤ)

    期中にベルトコンベアを購入したときはその取得原価を機械装置勘定の借方に記帳して資産計上する。
  3. 返済

    借入金の返済をする、または返済を受ける場合は、元本と利息を分けて仕訳する必要がある。
  4. 返品

    (複製)返品した場合は、商品等の販売時・仕入時の貸借反対仕訳をして売上・仕入を直接減額する方法(純額主義)と、返品の額を帳簿上で明らかにするために売上戻り・仕入戻し勘定を用いて処理する方法(総額主義)とがある。
  5. 弁護士報酬(弁護士顧問料・弁護士費用)

    弁護士報酬を支払ったときは支払手数料勘定などの借方に記帳して費用計上する。源泉徴収分は預り金勘定で処理をする。
  6. 弁理士報酬(弁理士費用)

    弁理士報酬を支払ったときは支払手数料勘定などの借方に記帳して費用計上する。源泉徴収分は預り金勘定で処理をする。



関連コンテンツ



「は行―へ」の位置づけ

現在のカテゴリ:「は行―へ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー