相続税 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

相続税



相続税とは

相続税の定義・意味・意義

相続税とは、相続によって被相続人から相続人に移転する産に対して課される税金をいいます。

 

相続税の法的性格・性質(位置づけ)

(一般

相続税は、の性質をもっています。

は、次の2つの種類があります。

  1. 一般
  2. 個別

このうち、一般とは、個人または法人の所有する産のすべてを課税対象とするをいいます。

一般には、相続税と贈与があります。

そして、個別とは、個人または法人の所有する特定の産を課税対象とするをいいます。

個別には、固定資産税自動車税軽自動車税などがあります。

 

相続税の根拠法令・法的根拠・条文など

相続税法

日本の相続税は、相続税法に規定されています。

 

相続税の納義務者

相続税の納義務者は、相続または遺贈(死因贈与を含む)によって産を取得したものです。

 

相続税の対象

相続税には、基礎控除額という制度があり、正味の遺産額が一定額以上にならないと課されないしくみになっています。

詳細については、次のページを参照にしてください。

相続税の課税対象―課税遺産総額(いくら遺産があると相続税がかかるのか)

 

相続税に関する会計簿記経理上の取り扱い

会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目

個人事業主自身に課される相続税は、所得法上、必要経費算入が認められていない。

したがって、会計上、費用処理することはできない(つまり、会計処理は不要ということ)。

なお、同様の租税等としては相続税のほか、次のようなものがある。

租税公課―税務―必要経費算入・損金算入の可否―所得税法上の取り扱い



| 現在のカテゴリ:相続税 |

現在のカテゴリ:相続税

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「相続税」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 相続税



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:相続税 の位置づけ

現在のカテゴリ:「相続税」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー