[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 帳簿決算で用いる独自の勘定科目

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

帳簿決算で用いる独自の勘定科目

「帳簿決算で用いる独自の勘定科目」のコンテンツ[全 3 件]

  1. 損益

    損益とは 損益の定義・意味・意義 損益(そんえき)とは、帳簿決算において費用・収益の諸勘定の締切り(収益と費用の諸勘定の残高を0にすること)のために、総勘定元帳に設ける架空の集計勘定をいう。 損益勘定...
  2. 決算残高(残高)

    決算残高とは 決算残高勘定の定義・意味・意義 決算残高勘定とは、大陸式決算法を採用する帳簿決算において、資産・負債・資本の諸勘定の締切り(資産・負債・資本の諸勘定の残高を0にすること)のために、総勘定...
  3. 開始残高

    開始残高とは 開始残高勘定の定義・意味・意義 開始残高勘定とは、大陸式決算法を採用する帳簿決算において、決算振替仕訳により0となっている資産・負債・資本の諸勘定の残高を翌期首に元に戻す(決算振替仕訳の...


関連コンテンツ



「帳簿決算で用いる独自の勘定科目」の位置づけ

現在のカテゴリ:「帳簿決算で用いる独自の勘定科目」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー