[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 決算整理で用いる独自の勘定科目

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

決算整理で用いる独自の勘定科目

「決算整理で用いる独自の勘定科目」カテゴリのコンテンツ

決算整理で用いる独自の勘定科目」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 18 ページあります。

  1. 売上原価

    売上原価とは、3分法で記帳している場合において、決算整理事項のひとつとして売上原価を算定するために用いられる勘定科目をいう。
  2. 前払費用

    (複製)前払費用とは、貸借対照表の流動資産に属する表示科目として、一定の契約にしたがって継続的に役務(サービス)の提供を受ける場合、いまだ提供されていない役務に対して支払われた対価のうち決算日の翌日から1年以内に費用になるものをいう。なお、勘定科目として用いることもできる。
  3. 前払地代家賃(前払地代・前払家賃)

    (複製)前払地代家賃とは、地代家賃に係る前払費用を処理するための資産勘定をいう。
  4. 前払保険料

    (複製)前払保険料とは、保険料に係る前払費用を処理するための資産勘定をいう。
  5. 前払利息

    (複製)前払利息とは、利息に係る前払費用を処理するための資産勘定をいう。
  6. 前受収益

    (複製)前受収益とは、貸借対照表の流動負債に属する表示科目として、一定の契約にしたがって継続して役務(サービス)の提供を行う場合、いまだ提供していない役務に対して支払いを受けた対価をいう。
  7. 前受地代家賃(前受地代・前受家賃)

    (複製)前受地代家賃とは、地代家賃に係る前受収益を処理するための負債勘定をいう。
  8. 前受手数料

    (複製)前受地代家賃とは、手数料に係る前受収益を処理するための負債勘定をいう。
  9. 前受利息

    (複製)前受利息とは、利息に係る前受収益を処理するための負債勘定をいう。
  10. 未収収益

    (複製)未収収益とは、貸借対照表の流動資産に属する表示科目として、通常の営業取引ではないが、一定の契約にしたがって継続して役務(サービス)の提供を行う場合、すでに提供した役務に対して、いまだその対価の支払を受けていないものをいう。なお、勘定科目として用いることもできる。
  11. 未収地代家賃(未収地代・未収家賃)

    (複製)未収地代家賃とは、地代家賃に係る未収収益を処理するための資産勘定をいう。
  12. 未収利息

    (複製)未収利息とは、利息に係る未収収益を処理するための資産勘定をいう。
  13. 未収手数料

    (複製)未収手数料とは、手数料に係る未収収益を処理するための資産勘定をいう。
  14. 未払給料(未払賃金)

    (複製)未払給料とは、給料に係る未払費用を処理するための負債勘定をいう。
  15. 未払地代家賃(未払地代・未払家賃)

    (複製)未払地代家賃とは、地代家賃に係る未払費用を処理するための負債勘定をいう。
  16. 未払保険料

    (複製)未払保険料とは、保険料に係る未払費用を処理するための負債勘定をいう。
  17. 未払費用

    (複製)未払費用とは、貸借対照表の流動負債に属する表示科目として、一定の契約にしたがって継続して役務(サービス)の提供を受ける場合、すでに提供された役務に対して、いまだ代金を支払っていないものをいう。なお、勘定科目として用いることもできる。
  18. 未払利息

    (複製)未払利息とは、利息に係る未払費用を処理するための負債勘定をいう。


関連コンテンツ

「決算整理で用いる独自の勘定科目」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「決算整理で用いる独自の勘定科目」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー