[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 負債―固定負債

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

負債―固定負債

「負債―固定負債」カテゴリのコンテンツ

負債―固定負債」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 21 ページあります。

  1. 借入金

    (複製)借入金とは、金銭消費貸借契約などにより、銀行などの金融機関、取引先、親会社や親族や知人などから金銭を借り入れた場合に発生する金銭債務を処理するための負債勘定をいう。
  2. 社債

    社債とは、株式会社が資金調達のために発行した社債(債権で有価証券の一種)を処理する負債勘定をいう。
  3. 長期借入金

    長期借入金とは、決算日の翌日から起算して1年を超えて支払期限の到来する(つまり、「長期」の)、銀行などの金融機関、得意先・取引先、株主・役員・従業員など企業内部の者、親会社などからの借入金を処理するための負債勘定をいう。
  4. 親会社長期借入金

    親会社長期借入金とは、親会社からの長期借入金を他の長期借入金と区分して処理するための負債勘定をいう。
  5. 株主長期借入金

    株主長期借入金とは、株主からの長期借入金を他の長期借入金とは区別して処理するための負債勘定をいう。
  6. 長期設備支払手形

    長期設備支払手形とは、機械装置、工具器具備品、車両運搬具などの固定資産の取得など、通常の営業取引ではない取引の支払いのために振り出した約束手形の手形債務(後日、手形代金を支払わなければならない債務)のうち、決算日の翌日から起算して1年を超えて決済期日が到来するものを処理するための負債勘定をいう。
  7. 役員長期借入金

    役員長期借入金とは、役員からの長期借入金を他の長期借入金とは区別して処理するための負債勘定をいう。
  8. 従業員長期借入金

    従業員長期借入金とは、従業員からの長期借入金を他の長期借入金とは区別して処理するための負債勘定をいう。
  9. 長期営業外支払手形

    長期営業外支払手形とは、機械装置、工具器具備品、車両運搬具等の固定資産の取得など、通常の営業取引ではない取引により振り出した約束手形の手形債務のうち、決算日の翌日から起算して1年を超えて決済期日が到来するものを処理するための負債勘定をいう。
  10. 未払金

    (複製)未払金とは、通常の営業取引(商品の販売など)以外から発生した金銭債務(通常の営業取引以外の取引における代金の未払い金)と通常の営業取引から発生した買掛金以外の金銭債務(通常の営業取引における買掛金以外の未払い金)を処理するための負債勘定をいう。
  11. 長期未払金

    長期未払金とは、決算日の翌日から1年を越えて支払期日が到来する未払金勘定をいう。
  12. 長期預り金

    長期預り金とは、役員・従業員・取引先などから一時的に預かった金銭(預り金)のうち、決算日の翌日から1年を越えて返済期日の到来するものを処理する負債勘定をいう。
  13. 預り保証金(受入保証金)

    預り保証金とは、取引や賃貸借契約に際して担保として預かる保証金や敷金を処理する負債勘定をいう。受入保証金ともいう。
  14. 長期預り保証金

    長期預り保証金とは、決算日の翌日から起算して1年を超えて支払期限の到来する(つまり、「長期」の)預り保証金を処理するための負債勘定をいう。
  15. 預り敷金

    預り敷金とは、賃貸借契約に際して担保として預かる敷金を処理するための勘定科目をいう。
  16. 長期前受収益

    長期前受収益とは 長期前受収益の定義・意味・意義 長期前受収益とは、前受収益のうち、決算日の翌日から1年を越えて収益化されるものを管理するための勘定科目をいう。なお、前受収益とは、一定の契約に従い、継...
  17. 退職給付引当金

    退職給付引当金とは、将来、従業員が退職するときに支払う退職給付(退職一時金と企業年金)のうち、当期に負担すべき金額を見積り、当期の費用として計上するための引当金を処理するための負債勘定をいう。
  18. 退職給与引当金

    退職給与引当金とは 退職給与引当金勘定の定義・意味退職給付制度には、一般的に退職金と呼ばれる退職一時金と、企業年金※とがある。このうち、退職一時金にあてるため、税法基準を取り入れるかたちで、一定限度の...
  19. 特別修繕引当金

    特別修繕引当金とは、保有する有形固定資産の修繕に備えるための引当金のうち、1年をこえて使用される見込みの負債勘定をいう。
  20. リース債務

    リース債務とは、ファイナンス・リース取引(所有権移転ファイナンスリース取引・所有権移転外ファイナンスリース取引)により購入したリース物件の代金(リース料の総額)の未払金を処理する負債勘定をいう。
  21. 資産除去債務

    資産除去債務とは 資産除去債務の定義・意味・意義 資産除去債務とは、企業会計基準第18号「資産除去債務に関する会計基準」で次のように定義されている。 資産除去債務に関する会計基準用語の定義 3. 本...


関連コンテンツ

「負債―固定負債」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「負債―固定負債」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー