[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 費用―売上原価

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

費用―売上原価

「費用―売上原価」カテゴリのコンテンツ

損益計算書における利益は収益から費用を差し引きことで求められる。このうち費用は売上原価と経費の2つからなるが、このカテゴリでは売上原価を構成する仕入勘定とその控除項目(仕入高控除項目)である仕入値引・仕入戻し・仕入割引勘定などについて取り扱う。


費用―売上原価」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 仕入(仕入高)

    仕入とは、商品売買取引の記帳方法として三分法を採用している場合において、仕入原価(通常の営業で販売する商品の買い値)を処理する費用勘定をいう。
  2. 仕入値引(仕入値引高)

    仕入値引とは、仕入れた商品や製品に傷・汚れ・品質不良などがあったため、後日、商品代金の引き下げを受けた場合の値引額を処理する勘定科目をいう。
  3. 仕入戻し(仕入戻し高・仕入返品)

    仕入戻しとは、仕入れた商品や製品に品違い・品質不良などがあったため、後日、商品を返却した場合の返品額を処理する勘定科目をいう。
  4. 仕入割戻(仕入割戻高・仕入リベート)

    仕入割戻とは、一定の期間の間に特定の取引先と、多額または多量に取引を行った場合にリベートとして商品代金の免除または払戻しを受けたときの免除額または払戻額を処理する勘定科目をいう。
  5. 商品評価損

    商品評価損とは、期末において低価法を強制適用する場合に生じる商品の取得原価(帳簿価額)と時価との差額を処理する費用勘定をいう。


関連コンテンツ

「費用―売上原価」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「費用―売上原価」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー