[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 費用―売上原価

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

費用―売上原価

「費用―売上原価」カテゴリのコンテンツ

費用―売上原価」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 18 ページあります。

  1. 仕入(仕入高)

    仕入とは、商品売買取引の記帳方法として三分法を採用している場合において、仕入原価(通常の営業で販売する商品の買い値)を処理するための費用勘定をいう。
  2. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出

    購入・取得 費用の認識基準(期間帰属・費用の計上時期)等 1.仕入に係る費用の認識基準(仕入計上基準・仕入計上時期) 会計・簿記・経理上の取り扱い 仕入に関しては、売上と同様、まず、これをいつの時点で...
  3. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―①費用の認識基準(期間帰属・費用の計上時期)

    (複製)売上原価の費用認識基準(期間帰属・費用の計上時期) 税法上は、債務が確定していない限り、必要経費または損金に算入しないのが原則です(債務確定主義。費用の認識基準に関する税法上の基本原則)。 ただし、売...
  4. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法

    (複製)原価法とは、取得原価主義にもとづく棚卸資産の評価方法または棚卸資産の評価基準をいう。
  5. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法―個別法

    (複製)個別法とは、棚卸資産の評価方法のうち原価法のひとつで、期末棚卸資産の全部について、その個々の取得価額をその取得価額とする方法をいう。
  6. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法―先入先出法(先入れ先出し法)

    (複製)先入先出法とは、棚卸資産の評価方法のうち原価法のひとつで、棚卸資産を種類の異なるごとに区別したうえ、先に仕入れた棚卸資産から順に販売していく(売れていく)と仮定し、取得日が早いものから順次払い出したものとして、期中の棚卸資産の払出単価と期末の棚卸資産の評価額を決定する方法をいう。
  7. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法―平均原価法

    (複製)平均原価法とは、棚卸資産の評価方法のうち原価法のひとつで、棚卸資産を種類の異なるごとに区別したうえ、平均原価を算出し、この平均原価によって期中の棚卸資産の払出単価(移動平均法のみ)と期末の棚卸資産の評価額を決定する方法をいう。
  8. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法―平均原価法―総平均法

    (複製)総平均法とは、棚卸資産の評価方法のうち原価法のひとつで、棚卸資産を種類の異なるごとに区別したうえ、期首の在庫(前期繰越高)と期中の受入高(仕入高)の加重平均単価を算出し、この単価により期末の棚卸資産の評価額を決定する方法をいう。
  9. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法―平均原価法―移動平均法

    (複製)移動平均法とは、棚卸資産の評価方法のうち原価法のひとつで、棚卸資産を種類の異なるごとに区別したうえ、期中は棚卸資産を仕入れた都度、平均単価を求め、その単価を次の仕入までの払出単価とし、もって期末の棚卸資産の評価額を決定する方法をいう。
  10. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法―平均原価法―単純平均法

    (複製)単純平均法とは、棚卸資産の評価方法のうち原価法のひとつで、期中は払出単価は考慮せずに、期末に平均受入単価を算出し、これに期末棚卸数量を乗じて、期末の棚卸資産の評価額を決定する方法をいう。
  11. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法―後入先出法(後入れ先出し法)

    (複製)後入先出法とは、棚卸資産の評価方法のうち原価法のひとつで、棚卸資産を種類の異なるごとに区別したうえ、後から仕入れた(受け入れた)棚卸資産から順に販売していく(売れていく)と仮定し、取得日が後のものから順次払い出したものとして、期中の棚卸資産の払出単価と期末の棚卸資産の評価額を決定する方法をいう。
  12. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法―平均原価法―単純平均法

    単純平均法とは、棚卸資産の評価方法のうち原価法のひとつで、期中は払出単価は考慮せずに、期末に平均受入単価を算出し、これに期末棚卸数量を乗じて、期末の棚卸資産の評価額を決定する方法をいう。
  13. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法―最終仕入原価法

    (複製)最終仕入原価法とは、棚卸資産の評価方法のうち原価法のひとつで、棚卸資産を種類の異なるごとに区別したうえ、その決算期において最終に仕入れたものの(期末にもっとも近い直近の)取得原価(最終仕入単価)をもって、期末棚卸資産の評価額を決定する方法をいう。
  14. 仕入―会計処理―期中―購入・取得と払出―②棚卸資産の評価方法―原価法―売価還元法

    (複製)売価還元法とは、棚卸資産の評価方法のうち原価法のひとつで、棚卸資産を種類の異なるごとに区別したうえ、種類ごとに原価率を計算し、期末棚卸資産の売価合計額にこの原価率を乗じることによって期末棚卸資産の評価額を決定する方法をいう。
  15. 仕入値引高(仕入値引)

    仕入値引高(仕入値引)とは仕入値引高(仕入値引)の定義・意味 仕入値引高(仕入値引)とは、販売した商品等について、品質不良、傷(損傷)、汚れなどの理由で商品代金から値引きする金額を処理するための勘定科...
  16. 仕入戻し高(仕入戻し)

    仕入戻し高(仕入戻し)とは仕入戻し高(仕入戻し)勘定の定義・意味 仕入戻し高(仕入戻し)とは、購入した商品等を、品違い・品質不良(欠陥)・損傷などの理由で返品したため、仕入額から控除する金額を管理する...
  17. 仕入割戻(仕入割戻し)

    仕入割戻(仕入割戻し)とは仕入割戻(仕入割戻し)勘定の定義・意味仕入割戻(仕入割戻し)とは、一定期間内に一定金額を超えて購入した場合、リベートとして免除された代金の額を管理するための勘定科目をいう。 ...
  18. 商品評価損

    商品評価損とは、期末において低価法を強制適用する場合に生じる商品の取得原価(帳簿価額)と時価との差額を処理する費用勘定をいう。


関連コンテンツ

「費用―売上原価」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「費用―売上原価」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー