[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 差引損益計算で用いる独自の勘定科目

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

差引損益計算で用いる独自の勘定科目

「差引損益計算で用いる独自の勘定科目」のコンテンツ[全 4 件]

  1. 法人税等(法人税、住民税及び事業税)

    法人税等(ほうじんぜいとう)とは、確定した法人税、住民税(法人住民税。道府県民税および市町村民税)、一部の事業税(所得割)の税額を処理するための費用(または利益処分)勘定をいう。損益計算書上の表示科目「法人税、住民税及び事業税」の略称である。
  2. 法人税等調整額

    法人税等調整額とは、損益計算書の表示科目のひとつで、税効果会計を適用したことによる当該事業年度に係る法人税・住民税・一部の事業税をいう。
  3. 仮払法人税等(仮払税金)

    仮払法人税等とは、中間申告や予定申告による法人税等(法人税・法人住民税・事業税)の仮払税金を処理するための資産勘定をいう。
  4. 仮払税金

    仮払税金とは 会社が納付する税金には、様々なものがあるが、企業の利益(所得)に対して課される税金である法人税、住民税、事業税については、年度末に税額が確定する前に、中間申告をして、所定の方法で計算した...


関連コンテンツ



「差引損益計算で用いる独自の勘定科目」の位置づけ

現在のカテゴリ:「差引損益計算で用いる独自の勘定科目」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー