[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 資産―投資その他の資産―長期利殖を目的とする投資

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

資産―投資その他の資産―長期利殖を目的とする投資

「資産―投資その他の資産―長期利殖を目的とする投資」カテゴリのコンテンツ

有形固定資産と無形固定資産以外の固定資産である投資その他の資産のうち、長期利殖を目的とする投資を処理する勘定科目を取り扱う。満期保有目的債権・長期貸付金・投資不動産など。


資産―投資その他の資産―長期利殖を目的とする投資」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 4 ページあります。

  1. 満期保有目的債券

    満期保有目的債券とは、満期まで所有する意図をもって保有する社債その他の債券を処理する資産勘定をいう。
  2. 貸付金

    (複製)貸付金とは、取引先(得意先・仕入先)、親会社・子会社などの関係会社、株主・役員・従業員など企業内部の者などに金銭を貸し付けた場合に発生する金銭債権を処理する資産勘定をいう。
  3. 長期貸付金

    長期貸付金とは、決算日の翌日から起算して1年を超えて回収(返済)される(つまり、「長期」の)、取引先(得意先・仕入先)、親会社・子会社などの関係会社、株主・役員・従業員など企業内部の者などに対する貸付金を処理するための資産勘定をいう。
  4. 投資不動産

    投資不動産とは、賃貸などの投資目的で保有する不動産を処理する資産勘定をいう。


関連コンテンツ

「資産―投資その他の資産―長期利殖を目的とする投資」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「資産―投資その他の資産―長期利殖を目的とする投資」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー