[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): 費用―販売管理費―や行

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

費用―販売管理費―や行

「費用―販売管理費―や行」カテゴリのコンテンツ

費用―販売管理費―や行」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 18 ページあります。

  1. 役員賞与

    役員賞与とは 役員賞与勘定の定義・意味・意義 役員賞与とは、取締役、監査役など会社の役員に対して、その職務執行の対価として支払われる役員給与のうち、賞与を管理するための勘定科目をいう。 役員賞与の位置...
  2. 役員報酬

    役員報酬とは、取締役、監査役など会社の役員に対して、その職務執行の対価として支払われる役員給与のうち、①定期同額給与②事前確定届出給与③利益連動給与のいずれかをいう。これ以外の給与は、法人税法上、役員賞与等として取り扱われ、損金算入は認められない。
  3. 役員報酬―範囲・具体例

    役員報酬の範囲・具体例 役員報酬については、租税回避の弊害を防止する見地から法人税法において制限が設けられている。 役員給与の損金不算入制度とは―役員給与の損金算入の可否   そのため、役員報酬の範囲...
  4. 役員報酬―法人税法上の取り扱い―損金算入の制限(損金算入できる役員報酬の種類)

    損金算入できる役員報酬の種類 はじめに 役員報酬については、いわゆる「お手盛り」や租税回避の弊害を防止するため、会社法や法人税法でさまざまな制限が設けられている。 このページでは、このうち、法人税法上...
  5. 役員報酬―法人税法上の取り扱い―損金算入の制限―損金算入できる役員報酬の種類―定期同額給与

    定期同額給与とは 定期同額給与の定義・意味・意義 定期同額給与とは、役員報酬として損金算入が認められている役員給与のひとつで、次にかかげるものをいう。 役員報酬が変わらない場合…支給時期が定期的(1カ...
  6. 役員報酬―法人税法上の取り扱い―損金算入の制限―損金算入できる役員報酬の種類―定期同額給与―通常改定

    通常改定とは 通常改定の定義・意味・意義 通常改定(つうじょうかいてい)とは、その事業年度開始の日の属する会計期間開始の日から3カ月を経過する日までに、定期同額給与の額を改定することをいう。 この場合...
  7. 役員報酬―法人税法上の取り扱い―損金算入の制限―損金算入できる役員報酬の種類―定期同額給与―臨時改定

    臨時改定とは 臨時改定の定義・意味・意義 臨時改定とは、その役員の職制上の地位の変更、職務の内容の重大な変更その他これらに類するやむを得ない事情によりされた、これらの役員に係る定期同額給与の額の改定を...
  8. 役員報酬―法人税法上の取り扱い―損金算入の制限―損金算入できる役員報酬の種類―事前確定届出給与

    事前確定届出給与とは 事前確定届出給与の定義・意味・意義 事前確定届出給与とは、役員報酬として損金算入が認められている役員給与のひとつで、その役員の職務につき所定の時期に確定額を支給する旨の定め(事前...
  9. 役員報酬―法人税法上の取り扱い―損金算入の制限―損金算入できる役員報酬の種類―利益連動給与

    利益連動給与とは 利益連動給与の定義・意味・意義 利益連動給与とは、損金算入が認められている役員報酬の一つで、同族会社以外の法人が、利益に関する指標を基礎として算定して支給する給与で、次にかかげるすべ...
  10. 役員報酬―法人税法上の取り扱い―損金算入の制限―手続き

    (複製)役員報酬は、①定期同額給与②事前確定届出給与③利益連動給与の3つの場合に限り、それが不相当に高額部分の金額を除き、経費にする(損金算入する)ことができる。損金算入するための手続きは、会社の内部的な手続きと、税務署や年金事務所に対する外部的な手続きに大別できる。内部的な手続きとしては、株式会社では株主総会議事録または取締役会議事録を、持分会社では同意書や決定書の作成・保存が必要となる。外部的な手続きとしては税務署に対する手続きと年金事務所に対する手続きがある。
  11. 役員報酬―法人税法上の取り扱い―損金算入の制限―手続き―定期同額給与の場合

    (複製)定期同額給与の場合、役員報酬の変更時期は、原則として、決算日から3カ月以内である。ただし、①臨時改定事由がある場合②業績悪化改定事由がある場合は、例外的に役員報酬の変更時期に制限はない。税務署への特別の届出は不要であるが、株式会社では株主総会議事録または取締役会議事録を、合同会社などの持分会社では同意書や決定書が作成・保存されていることが必要である。
  12. 役員報酬―法人税法上の取り扱い―損金算入の制限―手続き―事前確定届出給与の場合(事前確定届出給与に関する届出)

    (複製)事前確定届出給与に関する届出とは、役員給与(簿記上の役員報酬)について、事前確定届出給与にしている場合に必要とされる手続きをいう。つまり、事前確定届出給与に関する届出は、役員給与を損金算入するために必要とされる手続きとなる。会社設立後に行う手続きのひとつであるとともに、役員報酬の変更の手続きのひとつでもある。
  13. 役員報酬―事務―社会保険―①新たに役員が就任した場合―被保険者資格取得届(健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届)

    (複製)被保険者資格取得届とは、社会保険(健康保険・介護保険・厚生年金)の適用事業所が新たに社員・従業員を採用等した場合に、資格取得時決定のために、報酬月額等を年金事務所に届け出る手続きをいい、正式名称は「健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届」である。被保険者資格取得届により、社員等は社会保険の被保険者となり健康保険証が交付されるとともに、社会保険料の算出に必要な標準報酬月額が決定され、この決定された標準報酬月額が原則として次の定時決定まで適用されることになる。
  14. 役員報酬―事務―社会保険―①新たに役員が就任した場合―被保険者資格取得届―手続き

    (複製)被保険者資格取得届は、所定の必要書類を作成・準備したうえ、管轄年金事務所または日本年金機構に郵送するか、窓口に持参して行う。その期限は入社日等から5日以内とされている。
  15. 役員報酬―事務―社会保険―②定時報告―算定基礎届(健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届)

    (複製)算定基礎届とは 算定基礎届の定義・意味・意義 算定基礎届とは、定時決定のために、7月1日現在のすべての被保険者について、その年の4月、5月、6月に支払われた報酬月額等を年金事務所に届け出る手続きをいう...
  16. 役員報酬―事務―社会保険―②定時報告―算定基礎届―手続き

    (複製)算定基礎届の手続きの具体的手順・方法・仕方 届出者・提出者 事業主   届出先・提出先 事業所を管轄している年金事務所   届出・提出方法 事業所のすべての被保険者の氏名、生年月日、従前の標準報酬月額...
  17. 役員報酬―事務―社会保険―③著しい変動があった場合―月額変更届(健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額変更届)

    (複製)月額変更届とは 月額変更届の定義・意味・意義 月額変更届とは、社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入している従業員・役員の給与・報酬に著しい変動があった場合、一定の要件を満たしているときに、随時改定...
  18. 役員報酬―事務―社会保険―③著しい変動があった場合―月額変更届―手続き

    (複製)月額変更届の手続きの具体的手順・方法・仕方 届出者・提出者 事業主   届出先・提出先 事業所を管轄している年金事務所   届出方法・提出方法 届出は、窓口持参または郵送して行う。   また、届出書の...


関連コンテンツ

「費用―販売管理費―や行」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「費用―販売管理費―や行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー