[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


債務超過


債務超過とは

債務超過の定義・意味

債務超過とは、貸借対照表上の負債(債務)が資産産)を上回った状態をいう。

債務超過の見方

会社は、設立時の出資株式払込み)後、日々の営業活動により利益損失をそれぞれ累積していくが、この累積がマイナスとなった場合は、株主出資の一部が無価値化したことを意味する。

そして、さらに損益計算書上の累積赤字が貸借対照表自己資本を全部食いつぶしてしまうと、今度は負債資産を上回る状態となる。

つまり、全資産を売却してもまだ負債が残るという状態である。

この状態は、株主のみならず会社外部の債権者にとっても、債権回収がおぼつかない状況になったことを意味するが、これが債務超過である。

返済の見込みがない借があるとういことで、会社務状況が非常に危険な状態である。

ただし、債務超過=倒産会社が債務を支払えなくなった状態)を意味するわけではない。

債務超過でも、とりあえず日々の支払いができれば倒産とはならないからである。

債務超過の状態を脱する方法としては、次の4つの方法がある。

  1. 利益をあげ資産を増やす
  2. 増資する(自己資本を増やす)
  3. 債権者に債権放棄をしてもらう
  4. 負債資本金振り替え



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 10 ページ]

  1. 債務超過
  2. 仕入高控除項目(仕入控除項目)
  3. CD現先
  4. 事業報告(事業報告書)
  5. 支払サイト(支払いサイト)
  6. 修正申告
  7. 出向
  8. 譲渡性預金
  9. 使用人兼務役員
  10. 総資本

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー