諸掛 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


諸掛


諸掛とは

諸掛の定義・意味など

諸掛(しょがかり)とは、商品仕入・販売等に際して運賃や手数料など付随的に発生するいろいろな費用(→付随費用)をいう。

諸掛と関係する概念

類似概念・類義語

より一般的に資産の取得や処分などの取引に関連して発生した費用付随費用という。

諸掛の分類・種類

諸掛は次のような種類がある。

仕入諸掛

仕入諸掛とは、仕入時にかかった諸掛をいう。

仕入諸掛会計処理は、それが自分の負担となるのか相手方の負担になるのかにより異なる。

売上諸掛

売上諸掛とは、売上時にかかった諸掛をいう。

売上諸掛会計処理は、それが自分の負担となるのか相手方の負担になるのかにより異なる。

積送諸掛

積送諸掛とは、委託販売における諸掛をいう。

積送諸掛は発送諸掛と販売諸掛で構成される。



| 現在のカテゴリ:商品売買―一般商品売買―諸掛 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―諸掛」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 諸掛
  2. 諸掛―仕入諸掛
  3. 諸掛―売上諸掛
  4. 諸掛―積送諸掛



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:商品売買―一般商品売買―諸掛 の位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―諸掛」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー