諸掛―売上諸掛 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


諸掛―売上諸掛


売上諸掛とは

売上諸掛の定義・意味など

売上諸掛(うりあげしょがかり)とは、商品の販売時にかかった諸掛をいう。

売上諸掛の具体例

売上諸掛の代表的な具体例としては、商品発送運賃などがある。

売上諸掛の位置づけ・体系(上位概念等)

諸掛

売上諸掛は諸掛(しょがかり)のひとつである。

なお、諸掛は次のような種類がある。

売上諸掛の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等

売上諸掛の会計処理は、それが自分の負担か相手方の負担かにより異なる。

売上諸掛が自分の負担になる場合

売上諸掛は自分の負担になる場合は費用として処理をする。

ただし、収益売上)と費用付随費用)とは別なので、仕入諸掛の場合とは異なり、売上諸掛は売上には含めず、別途荷造運賃発送費勘定費用)の借方に記帳して費用計上する。

取引

得意先に商品10万円分を販売し、 代とした。また、運送会社に対して発送運賃として1万円を現金で支払った。

仕訳

借方科目
貸方科目
売掛金 100,000 買掛金 100,000
荷造運賃発送費 10,000 現金 10,000

売上諸掛が相手方の負担になる場合

相手方が負担すべき売上諸掛を立替払いした場合には、次の2つの会計処理方法がある。

立替金勘定で処理をする方法

相手方が負担すべき売上諸掛を立替払いした場合、仕入諸掛の場合と同様、その額を立替金勘定資産)の借方に記帳して資産計上する。

取引

得意先に商品10万円分を販売し、 代とした。また、運送会社に対して得意先が負担すべき発送運賃1万円を現金で支払った。

仕訳

借方科目
貸方科目
売掛金 100,000 売上 100,000
立替金 10,000 現金 10,000

売掛金に含める方法

相手方が負担すべき売上諸掛を立替払いした場合、 売掛金立替金は同一の相手方(得意先)に対する債権であるので、まとめて売掛金勘定借方に記帳する。

取引

得意先に商品10万円分を販売し、 代とした。また、運送会社に対して得意先が負担すべき発送運賃1万円を現金で支払った。

仕訳

借方科目
貸方科目
売掛金 110,000 売上 100,000
現金 10,000




| 現在のカテゴリ:商品売買―一般商品売買―諸掛 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―諸掛」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 諸掛
  2. 諸掛―仕入諸掛
  3. 諸掛―売上諸掛
  4. 諸掛―積送諸掛



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:商品売買―一般商品売買―諸掛 の位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―諸掛」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー