決算書―法律別―商法―商業帳簿 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

決算書―法律別―商法―商業帳簿



商業帳簿とは 【commercial book

商業帳簿の定義・意味・意義

商業帳簿とは、商法により、商人が作成しなければならないとされているものをいう。

商法
第十九条  …
 商人は、その営業のために使用する産について、法務省令で定めるところにより、適時に、正確な商業帳簿(会計帳簿及び貸借対照表をいう。以下この条において同じ。)を作成しなければならない。

商業帳簿の構成内容(内訳)

商業帳簿は、次のものからなる。

損益計算書

商法が定義している商業帳簿には、損益計算書は含まれていない。

1974年(昭和49年)の商法改正で、条文中から損益計算書という語が削除されたためである。

これは、個人商店にまで損益計算書の作成を課すのは酷という趣旨によるものといわれている。

しかし、一般的には、損益計算書という語が明示されていなくとも、商人に作成が義務づけられた商業帳簿には、会計帳簿貸借対照表のほかに、損益計算書も含まれているものと解されている。

商業帳簿と関係・関連する概念

計算書類

商法が規定する商業帳簿の概念に対応する会社法上の概念は計算書類である。

ただし、商法が規定する商業帳簿の概念には、会計帳簿も含まれているのが特色である。



| 現在のカテゴリ:決算・決算書総論 |

現在のカテゴリ:決算・決算書総論

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 19 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「決算・決算書総論」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 決算
  2. 決算書
  3. 決算書―区分表示と表示科目―区分表示
  4. 決算書―区分表示と表示科目―表示科目
  5. 決算書―作成義務(各法律により作成を要する決算書の種類)
  6. 決算書―法律別―会社法―計算書類
  7. 決算書―法律別―会社法―計算書類―貸借対照表
  8. 決算書―法律別―会社法―計算書類―損益計算書
  9. 決算書―法律別―会社法―計算書類―株主資本等変動計算書
  10. 決算書―法律別―会社法―計算書類―個別注記表
  11. 決算書―法律別―会社法―附属書類―事業報告
  12. 決算書―法律別―会社法―附属書類―附属明細書
  13. 決算書―法律別―金融商品取引法―財務諸表
  14. 決算書―法律別―商法―商業帳簿
  15. 決算書―法律別―所得税法―青色申告決算書(所得税青色申告決算書)
  16. 勘定科目内訳明細書(勘定科目内訳書)
  17. 勘定科目内訳明細書―借入金及び支払利子の内訳書
  18. 勘定科目内訳明細書―売上高等の事業所別内訳書
  19. 法人事業概況説明書



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:決算・決算書総論 の位置づけ

現在のカテゴリ:「決算・決算書総論」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー