経済主体―経済活動―生産―投資―設備投資 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



経済主体―経済活動―生産―投資―設備投資

設備投資とは

設備投資の定義・意味・意義

設備投資とは、主に企業が民間企業設備(生産設備・民間資本)を増加するために行う投資をいう。

設備投資の範囲・具体例

設備投資の対象となる民間企業設備は、固定資産のうち有形固定資産無形固定資産である。

設備投資の位置づけ・体系(上位概念)

投資

実体経済上の投資は次のような種類に分類される。

設備投資の趣旨・目的・役割・機能

国内総生産GDP)に与える影響
需要

設備投資は国内総生産GDP)の構成要素のひとつで、その10~20%を占めている。

国内総生産(支出側) = 消費(民間消費+政府消費)+投資(民間投資(=住宅投資・設備投資)+政府投資在庫品)+純輸出(輸出ー輸入)

したがって、設備投資が増えると、国内総生産GDP)が増える=経済成長する=景気がよくなる、ということになる。

さらに乗数効果も期待できる。

供給

設備投資は総供給(→潜在GDP)能力を拡充する。

設備投資の統計



| 現在のカテゴリ:経済主体 |

現在のカテゴリ:経済主体

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「経済主体」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 経済主体
  2. 経済主体―経済活動―生産―投資
  3. 経済主体―経済活動―生産―投資―住宅投資
  4. 経済主体―経済活動―生産―投資―設備投資
  5. 経済主体―経済活動―生産―投資―在庫投資


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:経済主体 の位置づけ

現在のカテゴリ:「経済主体」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー