消費税の計上―税込処理方式を採用している場合 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

消費税の計上―税込処理方式を採用している場合



税込処理方式を採用している場合の消費税の計上

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等

決算時には、決算整理事項のひとつとして、税込処理方式を採用している場合は、消費税等の仮払額と消費税等の仮受額を相殺し、その差額=確定した消費税額を未払消費税等勘定負債)または未収消費税等勘定資産)に計上するとともに、租税公課勘定費用)または雑収入勘定収益)を用いて消費税費用または収益に計上する(消費税費用収益として認識する)。

税抜処理方式を採用している場合は、消費税費用または収益に計上しない(消費税費用収益として認識しない)。

仮払消費税等額<仮受消費税等

未払消費税等租税公課

消費税等の仮払額が消費税等の仮受額より小さいときは、その差額を納付すべき消費税として未払消費税等勘定貸方に記帳して負債計上するとともに、租税公課勘定借方に記帳して費用計上する(消費税費用として認識する)。

仮払消費税等額>仮受消費税等

未収消費税等雑収入

消費税等の仮払額と消費税等の仮受額を相殺し、消費税等の仮払額が消費税等の仮受額より大きいときは、その差額を還付を受けるべき消費税として未収消費税等勘定借方に記帳して資産計上するとともに、雑収入雑益勘定貸方に記帳して収益計上する(消費税収益として認識する)。

取引の具体例と仕訳の仕方

仮払消費税等額<仮受消費税等

取引

決算にあたり、消費税等の仮払額8万円と消費税等の仮受額10万円を相殺し、その差額を納付すべき消費税として計上した。

仕訳

借方科目
貸方科目
租税公課 2万円 未払消費税等 2万円

仮払消費税等額>仮受消費税等

取引

決算にあたり、消費税等の仮払額10万円と消費税等の仮受額8万円を相殺し、その差額を還付される消費税として計上した。

仕訳

借方科目
貸方科目
未収消費税等 2万円 雑収入 2万円




| 現在のカテゴリ:決算整理―各論―税金の計上 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「決算整理―各論―税金の計上」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 法人税等の計上
  2. 法人税等の計上―①法人税の納付をする場合(通常)
  3. 法人税等の計上―②法人税の還付を受ける場合
  4. 法人税等の計上―③欠損金の繰戻しによる還付の請求もする場合
  5. 消費税の計上
  6. 消費税の計上―税抜処理方式を採用している場合
  7. 消費税の計上―税込処理方式を採用している場合



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:決算整理―各論―税金の計上 の位置づけ

現在のカテゴリ:「決算整理―各論―税金の計上」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー