資本―株式の発行―分類―新株の発行(増資)―公募 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

資本―株式の発行―分類―新株の発行(増資)―公募



公募とは

公募の定義・意味・意義

公募とは、新株発行増資)の方法の一つとして、不特定多数の者のなかから株主を募集する方法をいう。

正確には、「募集株式の発行等」の方法の一つである。会社法では、新株の発行自己株式の処分をあわせて「募集株式の発行等」という概念でまとめている。

公募では、時価などを基準にした公正発行価額で新株が発行される。

公募の別名

公募は、金融商品取引法では、「有価証券の募集」と呼ばれているものに相当する。

公募の位置づけ・体系

公募とは、資金調達方法の一つである直接金融としての新株発行増資)の方法の一つである。

新株発行増資)の方法には、公募も含め、次の3つの方法がある。

  1. 株主割当
  2. 第三者割当
  3. 公募

株式市場においては、新株発行増資)は公募が原則である。

公募の評価・批評・批判など

公募では、一般投資家が会社事業計画から事業の期待利回りを想定し、増資に応募するかどうかを判断することになる。

したがって、増資の方法の中でももっとも公正な取引といえる。

公募の分類・種類

公募には次の2つの種類がある。

一般募集

一般募集とは、広く一般に株主を募集する場合をいう。

縁故募集

縁故募集とは、会社取引先など縁故先に限定して株主を募集する場合をいう。

公募の実態・実情・現況・現状

多くの中小企業では、既存の株主が新たに株式を引き受けて増資する株主割当がほとんどである。



| 現在のカテゴリ:資金調達の方法―資本―株式 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資金調達の方法―資本―株式」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 資本―株式
  2. 資本―株式―株券
  3. 資本―株式の発行
  4. 資本―株式の発行―分類―新株の発行(増資)
  5. 資本―株式の発行―分類―新株の発行(増資)―株主割当
  6. 資本―株式の発行―分類―新株の発行(増資)―第三者割当
  7. 資本―株式の発行―分類―新株の発行(増資)―公募



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資金調達の方法―資本―株式 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資金調達の方法―資本―株式」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー