貸借対照表原則―評価 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

貸借対照表原則―評価



評価とは 【valuation

評価の定義・意味など

評価(ひょうか)とは、資産負債資本収益費用の各項目の価値を銭で表すことをいう。

参考:日本経済新聞社 『会計用語辞典』 日本経済新聞出版社、1978年、147-148頁。

評価の適用対象

資産負債

日本経済新聞社『会計用語辞典』では、通常は評価といえば資産の評価をさすとしている。

日本経済新聞社 『会計用語辞典』 日本経済新聞出版社、1978年、148頁。

ただし、会計処理についてあたっては、たとえば社債など負債の評価についても問題になる(「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号)第26項。その他、組織変更の際の資産負債評価替えを禁止した会社計算規則7条の規定など)。

社債の評価については次のページなどを参照。

社債―決算整理事項―①社債の評価替え

評価と関係する概念

評価から派生する概念
評価基準

取得原価主義

貸借対照表決算時点の政状態を明らかにするために作成される。

そこで、資産負債をどのように評価すべきかが問題となる(→資産の評価基準負債の評価基準)。

この点、会計上は、原則として取得原価主義が採用されている。

企業会計原則
第三 貸借対照表原則
(資産貸借対照表価額)
 貸借対照表に記載する資産の価額は、原則として、当該資産取得原価を基礎として計上しなければならない。

会社計算規則
資産の評価)
第五条  資産については、この省令又は法以外の法令に別段の定めがある場合を除き、会計帳簿にその取得価額を付さなければならない。
負債の評価)
第六条  負債については、この省令又は法以外の法令に別段の定めがある場合を除き、会計帳簿に債務額を付さなければならない。

評価替え

時価主義低価主義

しかし、たとえば、不動産や金融商品などでは、価格変動が大きく、帳簿価額(簿価。帳簿上の価格)=取得原価時価が大きく異なる場合がある。

そこで、例外的に、時価主義低価主義低価法)などが採用されて評価替えが行われる場合もある。

参考:日本経済新聞社 『会計用語辞典』 日本経済新聞出版社、1978年、148頁。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「会計基準―企業会計原則―貸借対照表原則」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 貸借対照表原則
  2. 貸借対照表原則―貸借対照表完全性の原則
  3. 貸借対照表原則―流動と固定の区別基準
  4. 貸借対照表原則―流動と固定の区別基準―正常営業循環基準(営業循環基準)
  5. 貸借対照表原則―流動と固定の区別基準―1年基準(ワン・イヤー・ルール)
  6. 貸借対照表原則―評価
  7. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準
  8. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価(取得価額・原価)
  9. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価―付随費用
  10. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価―取得原価主義(原価主義)
  11. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価―取得原価主義―有形固定資産の場合―取得価額の決定方法
  12. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―取得原価―取得原価主義会計(簿価会計・簿価主義会計)
  13. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―時価
  14. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―時価―時価主義
  15. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―時価―時価主義―時価主義会計
  16. 貸借対照表原則―評価―資産の評価基準―時価―時価主義―時価会計
  17. 貸借対照表原則―評価替え



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:会計基準―企業会計原則―貸借対照表原則 の位置づけ

現在のカテゴリ:「会計基準―企業会計原則―貸借対照表原則」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー