会計―特色―継続企業の前提―期間損益 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

会計―特色―継続企業の前提―期間損益



期間損益とは

期間損益の定義・意味など

期間損益(きかんそんえき)とは、①一会計期間内で②繰り返して経常的に発生する③損益をいう。

期間損益の目的・役割・意義・機能・作用など

決算の目的は、一言で言えば、利益を計算することである。

しかし、継続企業(半永久的に事業を継続しようとする企業)の利益を計算するにあたっては、一定の期間を人為的に区切り(この期間が会計期間事業年度・営業年度などと呼ばれる)、その期間内の利益を計算する必要がある。

これを期間損益計算というが、このように期間損益は、継続企業決算を行うために必要とされ、期間損益の成果としての利益企業収益力の基本となる。

期間損益の位置づけ・体系(上位概念等)

損益

損益計算を行う場合、一会計期間内に発生した損益の項目は次の2つに大別される。

  1. 期間損益
  2. 非期間損益

日本経済新聞社 『会計用語辞典』 日本経済新聞出版社、1978年、50頁。

期間損益計算の方法

期間損益を計算する方法には、産法損益とがある。

産法

産法とは、会計期間期末資本金額から期首資本金額を差し引くことで期間損益を算出する方法をいう。

損益

損益法とは、収益から費用を差し引くことで期間損益を算出する方法をいう。

期間損益の具体例

期間損益は名目勘定で表され、損益計算書経常損益の部に記載されているものに相当する。



| 現在のカテゴリ:会計 |

現在のカテゴリ:会計

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 16 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「会計」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 会計
  2. 会計―特色―継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)
  3. 会計―特色―継続企業の前提―継続企業
  4. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算
  5. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間(事業年度・年度)
  6. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―分類―期首
  7. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―分類―期中
  8. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―分類―期末(決算日)
  9. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―関係概念―会計年度
  10. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益
  11. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―非期間損益
  12. 会計―企業会計
  13. 会計―企業会計―分類―制度会計
  14. 会計―企業会計―分類―制度会計―財務会計
  15. 会計―企業会計―分類―制度会計―税務会計
  16. 会計―企業会計―分類―管理会計



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:会計 の位置づけ

現在のカテゴリ:「会計」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー