会計―企業会計―分類―制度会計―財務会計 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

会計―企業会計―分類―制度会計―財務会計



財務会計とは

財務会計の定義・意味・意義

財務会計とは、投資家・債権者などの利害関係者に企業政状態と経営成績を報告するための会計をいう。

上場企業では、国際会計基準などに則って監査法人が監査し、決算を公告する。

財務会計の位置づけ・体系

財務会計は、企業会計の一つの種類である。

企業会計経理簿記あるいは帳簿作成)の目的には次の3つがある。

  1. 投資家・債権者などの利害関係者に企業政状態と経営成績を報告する(ディスクロージャー・情報開示)
  2. 務署等が法人税等の申告・納付のために計算をする
  3. 企業経営者自身が務を正確に把握し正しい意思決定(経営管理・経営戦略・経営計画等)をする

この目的に応じて、企業会計も次の3つの種類に分類される。

  1. 財務会計
  2. 会計
  3. 管理会計

このうち、財務会計の基準(法律)としては、大別して会社法によるものと、金融商品取引法によるものがある。

また、会計の基準(法律)としては、法人税法がある。

中でも法の影響が大きく、経理法による会計といった感がある。

財務会計の内容・概要

財務会計会計上の収支を明らかにするもので、収益売上)から費用仕入経費)を差し引いた利益を計算することが目的である。

なお、会計法人税を計算するための基準で、益金から損金を差し引いた所得を計算することが目的である。

財務会計上の「収益費用利益」の概念と会計上の「益金損金所得」の概念は異なる。

したがって、決算では、財務会計上の利益会計上の所得が大きく異なる場合が多い。

そこで、税効果会計により、財務会計上の利益を調整されることになる。

企業務戦略では、会計上の利益を最大化して務上の所得を最小化することが求められる。



| 現在のカテゴリ:会計 |

現在のカテゴリ:会計

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 16 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「会計」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 会計
  2. 会計―特色―継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)
  3. 会計―特色―継続企業の前提―継続企業
  4. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算
  5. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間(事業年度・年度)
  6. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―分類―期首
  7. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―分類―期中
  8. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―分類―期末(決算日)
  9. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―会計期間―関係概念―会計年度
  10. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益
  11. 会計―特色―継続企業の前提―期間損益計算―非期間損益
  12. 会計―企業会計
  13. 会計―企業会計―分類―制度会計
  14. 会計―企業会計―分類―制度会計―財務会計
  15. 会計―企業会計―分類―制度会計―税務会計
  16. 会計―企業会計―分類―管理会計



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:会計 の位置づけ

現在のカテゴリ:「会計」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー