金融機関 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

金融機関



金融機関とは 【financial institution

金融機関の定義・意味など

金融機関(きんゆうきかん)とは、金融の業務、すなわち、資が余っているところ(家計など)から資を集め、これを不足しているところ(企業など)に融通することを行う機関をいう。

金融機関の分類・種類

金融機関は、次の3つの種類に大別される。

  1. 中央銀行
  2. 市中金融機関民間金融機関
    1. 預金取扱金融機関
    2. 預金取扱金融機関
  3. 公的金融機関
    1. 政府系金融機関
    2. 地方公共団体金融機構

1.中央銀行

日本では日本銀行中央銀行にあたる。

2.市中金融機関民間金融機関

民間の金融機関をいい、都市銀行地方銀行などの普通銀行が代表的である。

3.公的金融機関

公的金融機関としては、日本政策金融公庫が代表的である。

金融機関の具体例

臨時金利調整法

臨時金利調整法では、金融機関の具体例として次が掲げられている。



| 現在のカテゴリ:マクロ経済―金融―金融機関 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「マクロ経済―金融―金融機関」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 金融機関



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:マクロ経済―金融―金融機関 の位置づけ

現在のカテゴリ:「マクロ経済―金融―金融機関」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー