金融―仕組み―リターン―金利―同義語―利子(利息) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



金融―仕組み―リターン―金利―同義語―利子(利息)

利子とは 【interest

利子の定義・意味など

利子(りし)とは、銭等を貸したことによって、その報酬として、貸した銭等(元)に対して一定の割合で支払われる銭等をいう。

利子の詳細については次のページを参照。

金利

利子の別名・別称・通称など

利息

利子は利息(りそく)ともいう。

法律用語としては、利息を用いる(民法404条など)。

ただし、貸した側からみて受け取る銭等を利息、借りた側からみて支払う銭等を利子という場合があるなど、若干ニュアンスに相違はある。

また、利息は利子の「通称」である、という説明をした辞書もある(『新明解国語辞典 第四版』)。

利子と関係する概念

反対概念・対概念

同義概念・同義語
金利

金利も利子とほぼ同義である。

ただし、利子は銭以外で支払われる場合にも使用されるが、金利銭で支払われる場合に限定される。

また、金利という用語のほうが、経済全体、金融といったマクロ的な場面で使用されることが多いといったニュアンスの違いがある。

なお、金利は、額と割合のどちらも指す。

利子から派生する概念
利子率利率

利子という用語は、額を指すが、元等に対する割合を指すには、利子率(または利率)という用語を用いる。



| 現在のカテゴリ:マクロ経済―金融 |

現在のカテゴリ:マクロ経済―金融

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 34 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「マクロ経済―金融」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 金融
  2. 金融―機能①―資金調達
  3. 金融―機能①―資金調達―負債による資金調達―間接金融―借入
  4. 金融―機能①―資産運用
  5. 金融―機能①―資産運用―負債による資産運用―融資
  6. 金融―機能①―資産運用―資本による資産運用―出資
  7. 金融―機能②―為替
  8. 金融―機能②―為替―具体例―ゆうちょ銀行の為替
  9. 金融―機能②―為替―具体例―ゆうちょ銀行の為替―種類―普通為替
  10. 金融―機能②―為替―具体例―ゆうちょ銀行の為替―種類―定額小為替
  11. 金融―機能②―為替―具体例―ゆうちょ銀行の為替―為替証書(郵便為替証書)
  12. 金融―機能②―為替―具体例―ゆうちょ銀行の為替―為替証書―普通為替証書
  13. 金融―機能②―為替―具体例―ゆうちょ銀行の為替―為替証書―定額小為替証書
  14. 金融―仕組み―リターン(投資収益)
  15. 金融―仕組み―リターン―金利
  16. 金融―仕組み―リターン―金利―同義語―利子(利息)
  17. 金融―仕組み―リターン―金利―同義語―利子率(利率)
  18. 金融―仕組み―リターン―金利―決定
  19. 金融―仕組み―リターン―金利の指標―長期国債
  20. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―長期金利と短期金利―長期金利
  21. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―長期金利と短期金利―短期金利
  22. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―規制金利と自由金利―規制金利
  23. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―規制金利と自由金利―規制金利―政策金利
  24. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―規制金利と自由金利―規制金利―政策金利―対象―公定歩合(基準割引率および基準貸付利率)
  25. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―規制金利と自由金利―規制金利―政策金利―対象―無担保コール翌日物金利
  26. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―規制金利と自由金利―規制金利―政策金利―具体例―ゼロ金利
  27. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―規制金利と自由金利―自由金利
  28. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―規制金利と自由金利―自由金利―短期金利
  29. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―規制金利と自由金利―自由金利―短期金利―コールレート
  30. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―規制金利と自由金利―自由金利―短期金利―コールレート―無担保コール翌日物
  31. 金融―仕組み―リターン―金利―分類―単利と複利―複利
  32. 金融―仕組み―リターン―利回り
  33. 金融―歴史―金融の自由化
  34. 金融―歴史―金融の自由化―②金融業務の自由化―金融ビッグバン


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:マクロ経済―金融 の位置づけ

現在のカテゴリ:「マクロ経済―金融」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー