運転資金 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

運転資金



運転資金とは

運転資金の定義・意味・意義

運転資金とは、商品仕入、人件費といった諸経費の支払い、買掛金・支払手形の決済など、通常業務で日々必要となる資をいう。

しかし、資の動きは利益と連動するとは限らない。

したがって、会計上は黒字である(損益計算書では利益が出ている)のに、運転資金が不足して(資ショートを起こして)、会社が倒産するという事態も起こりうる

これを黒字倒産という。

なお、運転資金を確保することを資金繰りという。

運転資金が不足することを、「資金繰りがつかなくなる」などと表現とする。

運転資金の位置づけ・体系

は、次の2つの種類に分類される。

  • 運転資金
  • 設備資

一般的には、設備資は使途が明確であるが、運転資金は使途が不明確であるといえる。

資金と利益が連動しない原因・理由・要因

前述したように、資は、売上利益が増えれば同じだけ増えるというような単純な動きはしない。

その理由としては、以下のようなものがある。

取引買掛金売掛金

取引は、取引買掛金売掛金)が中心である。

入金よりも先に現金が出ていく業種では、そのギャップを埋めるための運転資金がなければ支払いができない。

借入れや貸付け

たとえば、わかりやすい例としては、個人が住宅ローンを借りて不動産を購入した場合である。

この場合、毎月発生する住宅ローン返済額のうち、損益計算書損金として計上されるのは支払利息だけである。

しかし、実際の資の流れとしては、借りたお金流動資産)で不動産(固定資産)を購入しているので、返済のための資が不足しがちになる。

手形小切手による代決済

の支払は、現金だけではなく、手形小切手の場合もある。

支払サイトが長いと、やはり資が不足しがちになる。

在庫を抱えなければならない




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「管理会計の内容―資金計画・資金繰り」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 運転資金
  2. 資金繰り
  3. 資金繰り表



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:管理会計の内容―資金計画・資金繰り の位置づけ

現在のカテゴリ:「管理会計の内容―資金計画・資金繰り」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー