[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): さ行―せ(せい)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

さ行―せ(せい)

「さ行―せ(せい)」カテゴリのコンテンツ

取引・事例・摘要などから逆引きで会計処理(使用する勘定科目や仕訳など)を調べることができます。「せい」で始まるものを集めています。


さ行―せ(せい)」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 9 ページあります。

  1. 政治献金

    法人が政治献金をしたときは寄付金勘定などの借方に記帳して費用計上する。個人が政治献金をしたときは事業上の経費とはならない。
  2. 政治資金パーティー券

    法人が政治資金パーティー券を購入したときは寄付金勘定などの借方に記帳して費用計上する。個人が政治資金パーティー券を購入したときは事業上の経費とはならない。
  3. 清掃代

    清掃業者に清掃を依頼した場合の費用は、修繕費・外注費・管理費・資産維持費・衛生費勘定、または雑費勘定を使用して処理をする。
  4. 制服(ユニフォーム)

    所得税法上、制服は非課税所得とされている(給与としては課税されない)ので、役員・従業員に支給する制服を購入したときは、給与ではなく福利厚生費で処理する。
  5. 歳暮

    (複製)会計・簿記・経理上の取り扱い 会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目等 交際費 お中元やお歳暮を事業関係者等(得意先・仕入先)に贈った場合、その購入に要した費用は交際費勘定で処理をする。...
  6. 生命保険

    (複製)生命保険とは、人の生存または死亡という事由が発生した場合に、保険金受取人(被保険者とは異なる場合がある)に一定額の保険金(生命保険金)を支払うことを約し、保険料を収受する私的保険をいう。その本来の趣旨は、自分が死んだ場合の、家族など残された者の生活保障(遺族補償)のための保険、つまり、死亡保険である。ただし、生命保険には金融商品や節税ツールという側面もある
  7. 生命保険金

    (複製)生命保険金とは、保険者である生命保険会社が、被保険者の生存または死亡という事由が発生した場合に、生命保険契約にもとづき保険金受取人に保険給付として支払う保険金をいう。
  8. 生命保険料(生命保険の掛金)

    (複製)生命保険料とは 生命保険料の定義・意味・意義 生命保険料とは、生命保険において、保険契約者(保険加入者)が生命保険契約もとづき生命保険金の対価として生命保険会社に支払う保険料をいう。   生命保険料の...
  9. 税理士顧問料(税理士報酬・税理士費用)

    税理士顧問料は、支払手数料勘定(事業所によっては管理諸費)、または、専門家に支払う報酬を特に管理するための科目である支払報酬勘定などで処理をする。


関連コンテンツ

「さ行―せ(せい)」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「さ行―せ(せい)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー