[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): さ行―さ

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

さ行―さ

「さ行―さ」カテゴリのコンテンツ

取引・事例・摘要などから逆引きで会計処理(使用する勘定科目や仕訳など)を調べることができます。「さ」から始まるものを集めています。


さ行―さ」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 8 ページあります。

  1. 財形貯蓄

    財形貯蓄とは 財形貯蓄の定義・意味・意義 財形貯蓄とは、勤労者が事業主の協力を得て、給与・賃金から、毎月一定の金額を天引きして積み立てて行う貯蓄をいう。 賞与(ボーナス)時には積立金額を増額する場合も...
  2. 債権譲渡

    債権譲渡の一種としてファクタリング会社に売上債権を譲渡したとき、便宜的に未収金(または受取手形)勘定(資産)の借方に記帳して資産計上するとともに、当該売上債権の貸方に記帳してこれを減少させる。
  3. 在庫の計上

    (複製)実地棚卸とは、帳簿上ではなく、定期的に(月末・決算日など)実地で実際に行う棚卸をいう。
  4. 材料(未使用の棚卸)

    (複製)原材料とは、製品を製造するために仕入れた物品のうち、まだ消費されていないものを処理する資産勘定をいう。
  5. 先日付小切手

    (複製)先日付小切手とは、実際の振出日よりも将来の日を振出日とした小切手をいう。
  6. 作業屑の売却収入

    作業屑の売却収入は、その発生が恒常的でないもの、またはその額の僅少なものは雑収入勘定で処理し、営業外収益に属させることができる。
  7. 作業服

    (複製)事務服とは 事務服の定義・意味・意義 事務服(または作業服等も)とは、給与所得者が専ら勤務場所のみにおいて着用する服装であるが、制服(ユニフォーム)ほど職務上の着用義務がそれほど厳格とはいえないものを...
  8. 雑誌代

    雑誌代は、通常、新聞図書費勘定で処理をする。


関連コンテンツ

「さ行―さ」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「さ行―さ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー