[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): か行―こ(こはーこん)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

か行―こ(こはーこん)

「か行―こ(こはーこん)」カテゴリのコンテンツ

取引・事例・摘要などから逆引きで会計処理(使用する勘定科目や仕訳など)を調べることができます。「か」行の「こは」から「こん」で始まるものを集めています。


か行―こ(こはーこん)」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 16 ページあります。

  1. コーヒー(コーヒー代)

    期中にコーヒーを購入したときは、消耗品費のほか、その使用する実態に応じて福利厚生費・会議費・交際費などの費用勘定の借方に記帳して費用処理をする。また、回数・金額が少ない場合は雑費勘定で処理をしてもよい。
  2. コピー機(複写機)

    取得価額が10万円または30万円未満のコピー機は消耗品費などの費用勘定の借方に記帳して費用計上する。これに対して、取得価額が10万円または30万円以上のものは工具器具備品(または器具備品)勘定などの借方に記帳して資産計上したうえ、減価償却をする。
  3. コピー代

    コピー代に関する取引と勘定科目・仕訳の具体例・事例 使用する勘定科目の例 コピー代(コピーの使用料金)、または、リース契約などをしているコピー機のカウンター料金を支払った場合の勘定科目としては、次のよ...
  4. コピー用紙

    コピー用紙の購入代金は消耗品費または事務用消耗品費(事務用品費)勘定などで費用処理をする(費用法)。
  5. 顧問料

    (複製)顧問料とは、報酬のうち、特に外部の専門家に支払う顧問料を処理する費用勘定をいう。
  6. 雇用保険料

    (複製)雇用保険料とは、雇用保険の保険料をいう。なお、雇用保険とは、従業員に対しては、失業した場合に保険給付として失業給付金を支払うとともに、事業主に対しては、従業員の採用、失業の予防等の措置をした場合に一定の要件を満たすときに各種助成金等を支給するという内容の政府管掌の社会保険(労働保険)制度をいう。
  7. ゴルフ会員権

    (複製)ゴルフ会員権とは、株式型のゴルフクラブの会員権を処理する資産勘定をいう。
  8. ゴルフクラブ

    ゴルフクラブと似たものにレジャークラブがあるが、ゴルフクラブについては、会計・税務上、レジャークラブの場合とは異なる特別な取り扱いがされている。
  9. ゴルフクラブ入会金

    ゴルフクラブ入会金は、法人会員として入会する場合は、資産計上する。個人会員として入会する場合は、入会金は個人会員たる特定の役員または使用人に対する給与とする。
  10. ゴルフクラブ年会費

    ゴルフクラブ年会費は、ゴルフクラブの入会金が資産として計上されている場合には交際費とし、その入会金が給与とされている場合には会員たる特定の役員または使用人に対する給与とする。
  11. ゴルフコンペ

    得意先などをゴルフコンペに招待した場合に使用する勘定科目は交際費である。
  12. ゴルフ場利用税

    (複製)ゴルフ場利用税は領収書等で明確に区分されている場合は不課税取引として消費税の課税対象外になるので、交際費(不課税取引)または租税公課勘定などの借方に記帳して費用処理をする。
  13. ゴルフプレー代

    ゴルフプレーする場合に直接要する費用については、ゴルフクラブの入会金を資産に計上しているかどうかにかかわらず、その費用が法人の業務の遂行上必要なものであると認められる場合には交際費とし、その他の場合には当該役員または使用人に対する給与(現物給与)とする。
  14. コンクリート舗装

    道路や駐車場などをコンクリート舗装した場合の工事の費用は、構築物勘定の借方に記帳して資産計上をする。
  15. コンサルタント料

    (複製)経営コンサルタント料を支払ったときは支払手数料勘定などの借方に記帳して費用計上する。源泉徴収分は預り金勘定で処理をする。
  16. コンパクトディスク

    (複製)CD(コンパクトディスク。CD-R/RW)の購入代金は消耗品費または事務用消耗品費(事務用品費)勘定などで処理をする。


関連コンテンツ

「か行―こ(こはーこん)」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「か行―こ(こはーこん)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー