[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): さ行―し(しな-しも)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

さ行―し(しな-しも)

「さ行―し(しな-しも)」カテゴリのコンテンツ

取引・事例・摘要などから逆引きで会計処理(使用する勘定科目や仕訳など)を調べることができます。「さ」行の「しな」から「しも」で始まるものを集めています。


さ行―し(しな-しも)」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 10 ページあります。

  1. 自賠責保険(強制保険)

    自賠責保険については、課税実務上(税務当局により、という意味)、その強制保険という性格から租税公課の取り扱いに準じて、継続記帳を前提として、自賠責保険料を支出した事業年度に全額費用計上する(経費に算入する)ことが認められている。
  2. 司法書士報酬(司法書士手数料・司法書士費用)

    司法書士報酬を支払ったときは、通常は、支払手数料勘定などの借方に記帳して費用計上する。源泉徴収分は預り金勘定で処理をする。
  3. 死亡保険金(生命保険)

    (複製)死亡保険金とは、保険者である生命保険会社が、被保険者が死亡した場合に、生命保険契約にもとづき保険金受取人に保険給付として支払う生命保険金をいう。
  4. 資本金

    (複製)資本金とは、会社設立時や増資時の株主(出資者)からの払込金(出資金)=資本金を処理するための資本勘定をいう。
  5. 資本金の減少

    (複製)資本金の額の減少とは、株式会社の資本金の額を減少することをいう。
  6. 資本の引き出し(個人事業主)

    (複製)資本の引き出しとは、個人事業主が事業資金を私的な目的(事業以外の目的)に使用することをいう。
  7. 資本の元入れ(個人事業主)

    (複製)資本の元入れとは、個人事業主が出資する(元手を用意する)ことをいう。
  8. 事務机

    (複製)取得価額が10万円または30万円未満の机は消耗品費勘定などを用いて費用処理をする。これに対して、取得価額が10万円または30万円以上のものは工具器具備品(または器具備品)勘定などを用いて資産計上し、減価償却をする。
  9. 事務服

    事務服は税務上制服に準じて非課税所得とされている(給与としては課税されない)ので、従業員等に支給する事務服を購入したときは、給与ではなく福利厚生費勘定で処理する。
  10. 事務用品(事務用品代)

    事務用品の購入代金は、消耗品費または事務用品費勘定で処理をする(費用法)。


関連コンテンツ

「さ行―し(しな-しも)」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「さ行―し(しな-しも)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー