[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集): さ行―し(しよ)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

さ行―し(しよ)

「さ行―し(しよ)」カテゴリのコンテンツ

取引・事例・摘要などから逆引きで会計処理(使用する勘定科目や仕訳など)を調べることができます。「さ」行の「しよ」で始まるものを集めています。


さ行―し(しよ)」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 24 ページあります。

  1. 消化器

    期中に消化器を購入したときは消耗品費などの費用勘定の借方に記帳して費用処理をする。
  2. 少額繰延資産

    (複製)少額繰延資産とは、税法独自の繰延資産のうち、費用が20万円未満のものをいう。少額繰延資産については、その全額を必要経費に算入する、または損金算入できるものとされている。
  3. 少額減価償却資産

    (複製)少額減価償却資産を取得した場合は資産計上せずに、消耗品費や消耗工具器具備品費などといった勘定科目を使用して、費用処理をするのが通常である。
  4. 浄化水槽

    浄化水槽に要した費用は構築物または建物付属設備勘定を用いて資産計上し、減価償却をする。
  5. 小規模企業共済

    (複製)小規模企業共済とは 小規模企業共済の定義・意味・意義 小規模企業共済とは、個人事業主や中小企業の経営者・役員の退職金代わりに設けられている国の共済制度である。 毎月、お金を積み立てて、事業をやめるとき...
  6. 商業手形

    (複製)商業手形とは、手形の振出しの原因関係に、商取引という実質的な法律関係がある手形をいう。
  7. 商業手形割引

    (複製)手形割引とは、満期日前の手形を銀行などの金融機関に割引料(手形割引料)や手数料を差し引いて売却することをいう。
  8. 商工会議所会費

    商工会議所会費の会計・簿記・経理上の取り扱い 商工会議所会費の会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目等 使用する勘定科目の例 諸会費・租税公課勘定 商工会議所など会社の業務に関連して加入...
  9. 上棟式(上棟祭・建前・棟上げ)

    上棟式の費用を支払ったときは、建設仮勘定の借方に記帳して資産計上する。
  10. 譲渡性預金

    (複製)CDとは、無記名の預金証書が発行される、銀行の短期の自由金利の定期預金をいう。
  11. 消費税の還付(確定申告時・還付時)

    (複製)消費税は確定申告時に納付または還付されるが、消費税が還付される場合は確定申告時と実際の還付時にタイムラグがあるため、それぞれにおいてその金額を計上する必要がある。
  12. 消費税の計上(決算時)

    (複製)消費税は、決算時には決算整理事項のひとつとして、預かった消費税と支払った消費税を相殺し、その差額について会計処理を行う必要がある。ただし、その会計処理の方法は、税抜処理方式を採用している場合と税込処理方式を採用している場合とで異なる。
  13. 消費税の納付(確定申告時)

    (複製)消費税は確定申告時に納付または還付されるが、消費税を納付した場合は未払消費税(または未払消費税等)勘定を減少させる。
  14. 商標権

    (複製)商標権とは、商標法にもとづいて登録された商標を、独占的・排他的に行使できる権利を処理するための資産勘定をいう。
  15. 商品券

    商品券の会計・簿記・経理上の取り扱い 商品券は取引先に渡した場合と従業員に渡した場合とでその会計処理は異なる。 1.取引先に渡した場合 会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目等 交際費 ...
  16. 情報提供料

    情報提供料は支払手数料や販売手数料勘定等、または交際費勘定で処理をする。
  17. 証明書発行手数料

    住民票・印鑑証明書・登記事項証明書・納税証明書などの各種の証明書発行手数料は租税公課または支払手数料勘定などの費用勘定を用いて費用処理をする。
  18. 賞与

    (複製)賞与とは、ボーナス、一時金、報奨金、夏期手当(夏季手当)・冬期手当(冬季手当)・年末手当・期末手当等名称のいかんを問わず、役員と従業員に対して定期の給与とは別に支払われる臨時の給与(退職給与以外)を処理するための費用勘定をいう。
  19. 書画

    取得価額が10万円または30万円未満の書画は消耗品費勘定などを用いて費用処理をする。これに対して、取得価額が10万円または30万円以上のものは工具器具備品(または器具備品)勘定などを用いて資産計上し、減価償却をする。ただし、100万円以上のものは、非減価償却資産として減価償却することはできない。
  20. 除却

    (複製)除却とは、新しい有形固定資産を取得したために今まで使用していたものが不要となったり、耐用年数が到来したたことにより、有形固定資産を事業の用途から外して帳簿上から除外することをいう。
  21. 食事代

    (複製)飲食費とは 飲食費の定義・意味・意義 飲食費とは、飲食その他これに類する行為のために要する費用をいう。 参考:措置法第61条の4第4項 飲食費の分類・種類 社内飲食費 接待飲食費 飲食費の会計・簿記・...
  22. 植物

    会社に飾る植物を購入したときは消耗品費または福利厚生費などの費用勘定の借方に記帳して費用処理をする。
  23. 書籍代

    書籍代は、通常、新聞図書費勘定で処理をする。
  24. 食器

    期中に食器を購入したときは消耗品費または福利厚生費などの費用勘定の借方に記帳して費用処理をする。


関連コンテンツ

「さ行―し(しよ)」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「さ行―し(しよ)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー