事業税―法人事業税 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


事業税―法人事業税


法人事業税とは

法人事業税の定義・意味など

法人事業税(ほうじんじぎょうぜい)とは、会社に対して課される事業税(都道府県民)をいう。

法人事業税の対象

法人事業税の対象者

法人事業税は、都道府県に事務所・事業所、または国内に恒久的施設を有する法人で、事業を行うものに対して課される。

法人事業税の目的・役割・意義・機能・作用など

法人事業税は、法人が都道府県から受けるサービスのための負担費と考えられる。

法人事業税の位置づけ・体系(上位概念)

会社が納める税金

会社は、たとえば次のように、いくつかの税金を納める義務があり、法人事業税もそのうちのひとつである。

次のページも参照。

会社が納める税金 - 手続き・申請・届出・内容証明郵便など法律問題その他事務手順

法人事業税の根拠法令

地方税

法人事業税は、地方税に基づく。

法人事業税の計算

法人事業税の計算に必要な率は各地方公共団体ごとに定められている。

詳細については次のページを参照。

法人事業税の計算

法人事業税の申告・納の手続き

法人事業税は法人住民税とあわせて申告することになっており、その申告・納の時期は各地方公共団体ごとに定められている。

法人事業税の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目

後述するように、事業税は、事業所税固定資産税不動産取得税都市計画税などと同様、損金算入が認められている租税公課である。

租税公課―税務・税法・税制上の取り扱い―必要経費算入・損金算入の可否

しかし、新会計基準では、事業税についても、原則として損金算入が認められていない法人税住民税と同様の会計処理をすることが求められている。

また、法人税住民税(道府県民と市町村民)・事業税の一部は、一般的に同時に申告・納付が行われるので、会計上も法人税等として一括して処理する。

そこで、事業税会計処理と具体的な仕訳の仕方については次のページを参照。

法人税等―会計処理

法人事業税の務・法・制上の取り扱い

法人事業税の納方式

申告納方式

法人事業税の申告と納付は、法人税と同様、会社が自分で額を額を計算し、これに基づき納する申告納方式が採用されている。

すなわち、確定した決算書をもとに、申告調整をしたうえで、申告書を作成して額を確定し、2カ月以内に各都道府県に提出、納付しなければならない。

つまり、法人事業税の申告と納付は、法人税と同時に行われる。

なお、個人の事業税については、賦課課方式が採用されている。

法人事業税の必要経費算入(所得法上)・損金算入法人税法上)の可否

次のページも参照。

租税公課―税務・税法・税制上の取り扱い―必要経費算入・損金算入の可否

必要経費算入の可否―所得法上

事業税は、所得法上、必要経費への算入が認められている。

損金算入の可否―法人税法上

事業税は、法人税法上、損金算入が認められている。

ただし、前述したように、会計上は、事業税損金算入が認められていない法人税住民税と同様の処理をすることが求められている。

そこで、未払法人税等から処理した額の中に事業税が含まれている場合には、法人税の確定申告において、申告調整を行う。

法人税申告書―別表四―留保―減算項目―納税充当金から支出した事業税等の金額 - 税金



| 現在のカテゴリ:事業税 |

現在のカテゴリ:事業税

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「事業税」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 事業税
  2. 事業税―法人事業税
  3. 事業税―法人事業税―計算
  4. 事業税―個人事業税―課税対象事業(法定業種)と税率
  5. 事業税―個人事業税―計算



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:事業税 の位置づけ

現在のカテゴリ:「事業税」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー